オポチュニティのビジネスにおける意味とチャンスとの違い

オポチュニティ

オポチュニティには「機会・好機・チャンス」という意味がある

B

オポチュニティと聞いて、最初に想像するのは火星探索をしている無人探査車が多いと思います。ですが、本来の英語の意味をたどると、「機会、好機、チャンス」という意味を持ちます。ビジネスでも頻繁に使用されている用語で、慣用句を挙げるなら、「オポチュニティコスト」=機会費用というのが一番耳に入ってくる単語ではないでしょうか。

ビジネスにおけるオポチュニティは「自ら勝ち取った機会」を意味する

オポチュニティの直訳での意味は先述した通りですが、では、ビジネスにおけるその意味とはいったいどういうことでしょうか。これを考えていく上では、後述しますがチャンスという同じ意味を持つ言葉と、オポチュニティの違いを明白にするとその意味合いがわかってきます。先に述べてしまいますと、「偶然の機会」ではなく、「自ら勝ち取った機会」を意味する際に使うのがオポチュニティです。ビジネスに偶然の機会は多くはありませんよね。

チャンスとオポチュニティは与えられる機会の元が違う

先述しましたが、「機会」では、チャンスとオポチュニティは同じ意味を持ちます。では、この2つに分けられているのはどういった意味があるのでしょうか。まず、チャンスという言葉自体は、ビジネスの場に限らず一般的に使われていますが、「神から与えられた機会」という意味を持っています。そしてオポチュニティのほうは「努力の結果により与えられた機会」という意味を持ちます。

ビジネスで使うオポチュニティとは営業のこと

ビジネスをする上で得られる成果には、このオポチュニティの意味する機会が、企業が企業として成り立つために大切な要素になってきます。なぜなら、ビジネスで使うオポチュニティ=自ら努力した結果の機会とは、つまり営業のことです。ビジネスにおける営業マンは、日々対企業や顧客において、様々な低案を出す機会があります。企業に大きな利益をもたらすには、営業努力をしなければなりません。

オポチュニティの意味は勘違いされやすい

ビジネスの場で勘違いされやすいのは、オポチュニティ=成果ではないことです。あくまでも好機をつかむ「機会」であり、オポチュニティを掴む、という使い方をすると、機会を得るためにではなく、結果を得るためにと勘違いしがちです。少しまどろっこしいですが、結果を得るための機会を得られるといったときに使いましょう。

転職する際にはオポチュニティ探しに重点を置くべき

たとえば、ビジネスにおいて転職する際などに考えなければならないことは、スキルアップやキャリアアップよりも、オポチュニティを探しに重点を置くことです。ひとつの企業の中で、自分のオポチュニティが見つからなければ、外部に探していくのが、個人のスキルアップにもキャリアアップに必要な要素になってくるのです。

ビジネスでのオポチュニティには営業の意味がありチャンスとは与えられる元が違う

さて、ビジネスにおけるオポチュニティの意味や、チャンスとの違いについて書いてきましたが、オポチュニティとは、企業間でも個人でも、営業努力の際に使用する用語であり、成果ではありません。また、昇進や転身などの際も、個人の努力の結果なわけですから、これもオポチュニティを得た結果そうなったのです。ビジネスにおいては、このオポチュニティを探し続けるのが、企業や個人の成長に関わる大切な要素といえるでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職