「キャパシティ」の意味とアピールする際の使い方

2016年12月14日キャパシティ

「キャパシティ」=許容範囲という意味がある

Waiting 410328 1280

キャパシティの意味がわかなければ、会話が成り立たないときもあります。キャパシティ言葉の意味は簡単に言うと容量です。容量が大きい、小さいのをキャパシティが大きい、小さいという使い方をします。キャパシティの意味から、人の能力的な使い方をする人もいますし、機械の許容範囲を示す使い方をする人もいるでしょう。また、宴会場なども座席数や収容人数などを示す時にキャパシティという言葉を使いますし、色々なシーンで使われる言葉なのです。キャパシティ=許容範囲(容量)という意味を覚えておくと、正しい使い方ができるでしょう。

人だけでなくパソコンの容量を意味した使い方もある

キャパシティが小さいという使い方は色々なシーンで使われるというお話をしましたが、仕事で使われる頻度が高いものと言えばパソコンがあるでしょう。人の能力を意味した使い方もありますが、パソコンが急激に重くなったり、フリーズした時を意味する場合は「このパソコンのキャパ超えてるんじゃない?」という使い方もします。人の能力を意味した使い方は、その人ができる許容範囲を示しているので、なかなか仕事を完遂できない、仕事が進まない時などは、「あの人の仕事量キャパ超えてるんじゃないかな」など、キャパシティという言葉は色々なシーンで使われますが、意味としては同じです。

許容範囲が小さいと仕事で成長できない場合もある

キャパシティの大きい人と違って小さい人の場合は、すぐに「できない」「無理」という言葉を出す人が多いので、仕事量を増やすことができませんし、仕事量が増えると精神的な余裕もなくなってミスが多くなってしまいます。キャパシティの意味が分かると、自分もキャパシティを大きくしたいと思われるかもしれませんが、できない、無理と言っている状態ではキャパシティは広がりません。精神的な許容範囲を広げないと仕事量も広がりませんし、人間関係でもキャパシティが大きい人の方が良好になりますし信頼も厚くなります。キャパシティは精神面でも行動面でも言えるので大きいに超したことはありません。

キャパシティは経験によって広げることができる

キャパシティは許容範囲という意味です。この、許容範囲、つまり容量を広げれば自分もどんどん成長し、器が大きくなり受け入れる容量も大きくなるのです。容量が大きくなれば色々なときに対応もできるようになりますし、精神的にも強くなり、状況判断もできるようになってきます。キャパシティを広げるためには、辛い経験も必要ですが、それがいつか花となり実がつく結果となりますので、無理、できないと逃げるのではなく少しずつでも受け入れればキャパシティは広がっていくのです。キャパシティは経験の数ですので、いろいろな経験していきましょう。

キャパシティをアピールする使い方

自分のキャパシティをアピールするのであれば、「自分はキャパシティが大きい」という使い方をすると自意識過剰と思われてしまいますので、自分のキャパシティをアピールするのであれば以下を参考にしましょう。

「色々な経験をしてきましたので、ある程度の許容範囲ならこなすことはできますが、まだまだ自分も未熟ですので、さらに広げることができるように色々なことを吸収して広げていきたいと思っています」

許容範囲はあるけれど、それに満足していないという使い方をすると好感度もアップするでしょう。キャパシティの意味が分かっていれば、こういう使い方ができるので良いですね。

キャパシティ=許容範囲という意味がありアピールの際は自意識過剰にならない使い方を

キャパシティに意味は許容範囲であり、使い方はパソコンや人に向けた場合が多いと言えます。また、キャパシティを広げることができるので色々な経験をしましょう。キャパシティが広がりは自分の器が広がるという事ですので、さらに上のランクへのステップアップが可能になるでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月14日ビジネス

Posted by BiZPARK