公認会計士が職業の相手と結婚した際の生活における注意点

公認会計士, 結婚

公認会計士は大変忙しい職業

Gf01a201502080100

公認会計士という職業の知名度もずいぶん高くなりましたが、実はこの職業は、いわゆる士業と呼ばれる職業の中でも特にハードなスケジュールや職場環境を持つ職業の1つという点をご存知の方は意外に少ないのではないでしょうか。公認会計士はいわゆる特殊な接客業としての一面も有しており、公認会計士の重要な顧客には、個人だけで企業など各種法人も含まれてきます。このため、仕事内容によっては非常に膨大な内容を処理しなくてはいけないため、結婚生活にも影響が出てしまう場合があります。

泊まり込みや夜勤の常態化もある職業だと覚悟しておく

公認会計士の方と結婚した場合に事前に覚悟しておいた方が良い点の1つが、夜勤や泊まり込みが非常に多くなるシーズンが1年を通じて必ず存在しているという点です。特に、企業の期末に当たる毎年2月から4月にかけてと、年末に様々な調整が行われる12月は、公認会計士にとって最もかき入れ時であると同時に、複数の顧客を有する公認会計士ほど、仕事量が膨大な量にのぼる時期です。このため、定時での帰宅はおろか、場合によっては職場での泊まり込みや出張なども増えてしまうので、公認会計士の方との結婚を考えている方も覚悟が必要です。

結婚後は納税や税金に対する意識が重要になる公認会計士の職業

公認会計士は、その名称通り、企業や個人の会計処理に関する様々な業務を専門科の立場からサポートしたりアドバイス、或いは代理で担当する大切な職業です。中には、国庫に納める必要がある税金の管理や算出を行う場合もあるため、非常に倫理観が求められる職業の1つにも当たります。このため、公認会計士の方と結婚する方や既に結婚されている方も同時に、こうした倫理観を持った夫婦生活を送らなくてはいけません。このような点に意識を於かないまま欠如した状態で結婚生活を送ってしまうと、配偶者の方の仕事に悪影響が出てしまう危険性も十分に考えられます。

結婚したら家庭内での納税も厳重に行う必要がある

公認会計士の方が、個人や企業の経理や納税を管理しているのと同じように、公認会計士の方の家庭内でも、住民税など様々な税金の管理や納税を行わなくてはいけません。納税は国民の義務であり、たとえうっかりだったとしても納税を行わないと犯罪に当たる可能性もあります。特に、公認会計士という倫理観が特に求められる方の過程で未納などの問題が発生してしまうと、家庭内だけの問題に留まらず仕事にも影響が出てしまう恐れがあります。ですから、こうした点にもしっかりとした倫理観と知識を持って対応することが大切です。

公認会計士という職業は業務に日常生活が左右される

公認会計士という職業は、様々な士業の中でも、特に忙しくハードな日常生活を送らなくてはいけない可能性が高い職業です。特に、公認会計士として収入を高めるためには一カ所に留まらず、様々な地域で活動を行わなくてはいけない可能性も非常に高く、収入を取るか安定した生活基盤をとるか、という選択肢を迫られる場面も多々あります。特に、結婚をして扶養家族を持つ公認会計士の方ほど、安定した収入や定住できる環境の両立を検討していますが、なかなかこの両立は困難といえます。

仕事によっては頻繁な引っ越しの覚悟も必要

公認会計士という職業では、安定した収入を得るためには顧客の獲得が何よりも重要です。また、会計処理という業務上、手紙や電話だけでのやりとりではなく、直接顧客の元に出向いた上で意見交換や帳簿のチェックなど具体的な活動を行わなくてはならないため、常に顧客の元に瞬時に訪れることができる環境での活動が求められます。このため、大切な顧客を得るためには顧客のそばに滞在しなくてはいけないため、結婚をしている方であれば家庭を含めて引っ越しや移籍を頻繁に行わなくてはいけない可能性もあります。場合によっては、常に引っ越しするという場面もあるので、安定した生活基盤が得られにくい可能性も考えておかなくてはいけません。

公認会計士が職業の相手との結婚には納税などに対する意識と日常生活への影響の大きさに対する覚悟が必要

公認会計士は、結婚相手の職業としても大変人気の高い職業の1つです。ですが、実際の業務内容は大変多忙を極め、これは結婚する方との間柄や結婚生活自体にもダイレクトに影響を与える可能性があるほど。ですから、公認会計士の方を配偶者として選び結婚する際には、こうした様々な注意点や要素を事前に理解した上で、本当に結婚生活を送っていけるかどうか改めて確認することが何よりも大切です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年1月16日ビジネス