社員証用写真を印象が良く見えるように撮る際のポイント

社員証

社員証用写真は笑顔で撮ると印象が良くなる

A

まず、社員証用写真は笑顔で撮るようにしてください。社員証用写真は、面接などで使う、履歴書に張るような写真とは異なります。ですから、自分を印象良くに見せるには、笑顔が大切です。印象の良い人物を思い浮かべてみてください。それがどういう人物かと考えたら、恐らく、笑顔が印象的な人物でしょう。ですので、社員証用写真を撮る際は笑顔で撮りましょう。

入社を楽しみにしているという印象を与える

笑顔で社員証用写真を撮ると、その入社を楽しみにしているような印象を与えられます。笑顔の写真というだけで、シンプルに人間性での印象も良くなりますし、入社を楽しみにしているというというのも感じられます。そして、熱意の面で見ても印象が良くなるのです。ですので、社員証用写真は笑顔で撮るべきと言えます。

普段通りの髪型で撮る方が直接会った時の印象が良くなる

先程も申しましたが、社員証用写真は、履歴書等に張る証明写真とは違います。ですから、社員証用写真を撮る際に、必要以上にきちんとした髪型で撮る必要はありません。そうして自分を偽る髪型で写真を撮り、いざ実物を見たら全然違う、というよりは、普段通りの自分で撮ったほうが印象は良いです。ですから、社員証用写真は自分らしい髪型で撮りましょう。

社則に触れるような奇抜すぎる髪型はNG

ただ、当たり前ですが、奇抜過ぎる髪型で社員証用写真を撮るのはNGです。奇抜すぎる髪型ですと、そもそも、その会社の髪型の規定に触れてしまう可能性があります。社員証用写真が、社則に触れているというのは、明らかにおかしいです。そうなると、印象はかなり悪くなってしまいます。ですので、自分らしい髪型とはいっても、あくまでも一般常識的としての範囲で撮りましょう。

ポートレート風に凛とした雰囲気の写真を撮ると印象が良くなる

社員証用写真は、ポートレート風に撮ると、より印象が良くなります。ポートレート風というのは、ちょっと身体を斜めにしたりして、身体や顔の形、バランスなどを適度にぼかして撮る方法です。すると、全体的に凛とした雰囲気になり、社員証用写真を見た時の印象が良くなるでしょう。なので、社員証用写真は、ポートレート風に撮りましょう。

写真館などで撮ってもらうと綺麗に印象良く撮れる

とはいえ、1人で証明写真などのボックスでポートレート風に撮るのは難しいものです。ですから、本当に社員証用写真で印象良く撮ろうと思ったら、撮ってもらうのが最善策です。写真館や写真屋さんなどで依頼してとってもらうと良いでしょう。長く使うケースが多いのが社員証用写真ですから、良い印象を与えられる方がいいです。

社員証用写真を印象良く撮るなら「笑顔」「髪型」「撮り方」がポイント

以上、社員証用写真を撮る際のポイントのご紹介でした。社員証用写真のポイントは、笑顔と髪型、そして撮り方です。これらのポイントをしっかりとおさえておけば、社員証用写真の印象で、周りと差をつけられるようになるでしょう。最低限、人に見られても恥ずかしくないようなものが撮りたいですよね。そういった際にも、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2018年1月5日転職