「ご容赦ください」の知っておきたい意味と使い方

言葉

「何卒ご容赦ください」の言葉の意味は「大目に見る」こと

Tie 690084 640

何卒ご容赦という言葉の使い方はゆるすこと、大目に見ることなどという意味があります。手加減し控えめにすることなどという意味もあります。相手にミスや失敗などをした際、許しをこうときに使われる言葉でもあります。容赦がない、容赦ない対応をする、などという表現があります。先に自分の非礼を詫びる際などに用いられる使い方です。

「何卒ご容赦ください」の「容」の意味

何卒ご容赦という言葉のなかにも「容」という言葉には、受け入れる、聞き入れる、認めるなどという意味があります。受容する、容認するなどというふうにとても肯定的な、相手を温かくこちら側に受け入れるというような意味のものとなります。許容範囲、などと言葉に表されるようにとても許可をする際特に用いられる言葉なのです。

「何卒ご容赦ください」の「赦」の意味

何卒ご容赦、という言葉の中の「赦」は、赦すという意味があります。自分が悪いことをやってしまい、それを赦してもらうというときに主に用いられる使い方です。ご容赦くださいという表現は、許してくださいという使い方だけでは、軽く聞こえてしまう、畏まった状況のときに、選んで使われるものです。お客様に「容赦しません」というふうには使われることがないように、大切な場所での相手への配慮などの際に用いられることが多いのです。

「何卒ご容赦ください」の使い方が綺麗にはまると相手に良い印象を与える

主な「何卒ご容赦」の使い方ですが、文例としては「当日は配送が間に合いませんので、何卒ご容赦ください」「当日は数に限りがございますので、何卒ご容赦ください」というふうに用いられることがほとんどです。多くの仕事での取引や、メールや連絡の際に使用されることが多いのです。使い方が綺麗にはまるととても相手に対して良い印象を与えることができます。

「容赦」と「了承」の違い

「何卒ご了承ください」というのと、「何卒ご容赦ください」というものでは使うときと場合、状況などによってかなり大きな差が出てきます。ご了承くださいの使い方が多いと、言葉としてずれが生じてきます。了承は納得や承認というものが必要になってくる言葉であるため、使い方には気を配り、効果的に使い分けをしたいものです。

「何卒ご容赦ください」の類語

何卒ご容赦ください、という表現の類義語に、「許してください」「ご寛恕(ごかんじょ)」「勘弁」という言葉があります。その他の使い方に、「ご容赦願います」というものもあります。使用するときと場合によって、まったくその使い方は変わってくるものです。「どうかご勘弁ください」などの表現は、あまりことわりの言葉としての使い方はしません。

「何卒ご容赦ください」という言葉は先に自分の非礼を詫びる際などに用いられる

このように、「何卒ご容赦」という言葉の使い方を知ることによって、「お忙しい折のご連絡ではございますが、何卒ご容赦くださいませ」など相手や取引先ととても気持ちよくコミュニケーションを行うことができます。この言葉の使い方が綺麗にはまると相手に良い印象を与えるでしょう。そのほかの様々な表現も状況にあわせて使うなど、交流のなかでしっかりと言葉を選び、より良い関係を築いていきたいものです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス