主要取引先の定義と気をつけるべきマナー

取引先

主要取引は重要な顧客のこと

Hands 1063442 1280

主要取引先の定義は企業にとって重要な顧客のことです。何をもって重要といい、主要取引先と定義するかもはっきりさせる必要があります。取引先の定義は企業が取引をする相手のことですが、得意先、納品先、請求先、仕入先、支払先など様々です。その中で主要な取引をする企業を主要取引先と定義しています。

主要取引先の種類によって関係性は異なる

主要取引先になり得る取引先5種類の定義を少しくわしく紹介していきましょう。まず得意先とは、売上実績を管理する相手です。納品先は商品を届ける相手。請求先は請求書鑑の送受金をする相手。仕入先は仕入実績を管理します。支払先は買掛計上通知書の送付先です。ちなみに買掛計上通知書とは、購入した商品の内容と支払金額を明記した通知書のことになります。この得意先によってマナーや対応も変わってくるのも覚えてきましょう。

求人票に記載されている主要取引先は要確認

主要取引先か、それとも普通の取引先なのかの定義は企業の判断に委ねられています。求人票などに主要取引先という項目を記載するためにその名を使っている場合があります。複数の主要取引先があったり、そもそも主要取引先というものがなかったりということがあるでしょう。訪問前にマナー違反のないよう、求人表を確認するのも必要です。

主要取引先への失態は会社にとって大損失

主要取引先は、特にビジネス上大事な取引先ですので、主要取引先と取引をする場合には特に注意が必要です。定義の通り、「主要」な取引先なので、もし失礼な態度や言動があったら取引がとりやめになり、会社にとって莫大な悪影響を及ぼす可能性があるからです。また、新人社員や経験の浅い社員ではマナーが見についていない場合があります。失礼にあたらない対応とマナーができるベテラン社員を主要取引先の同行人としたほうがいいでしょう。

主要取引先へ訪問するときのビジネスマナーには細心の注意が必要

主要取引先と取引するには、ビジネスマナーに気を遣わねばなりません。これは、得意先の定義で上げた5種類いずれの取引先であっても同様です。まず、服装や持ち物には十分気を遣いましょう。主要取引先に訪問する場合遅刻はマナー違反ですので、15分以上前に到着するようにしましょう。また、あいさつの手順、お辞儀、名刺の渡し方など基本的なマナーは一つのミスもないようにしておくべきです。

主要取引先への手紙やメールでは二重敬語に注意

主要取引先に手紙やメールをする場合にも、マナーに気をつけ、相手に失礼のないようにしましょう。例えば、「各位」という言葉の使い方です。「各位」という言葉の定義は「皆様」というような意味ですし、目上の人に仕えますので主要取引先に使っても問題ない表現ですが、注意点もあります。「取引先様各位」のように二重敬語を使わないのもマナーなので注意が必要です。

主要取引先は重要な顧客であるという定義から徹底したビジネスマナーが大切

主要取引先の定義としては、自社にとっての影響度合や求人票に記載されている企業を基に考えられます。取引先の種類によっても会社との関係性は異なるので区別して認識しましょう。主要取引先へのマナー違反は自社の信頼や業績に大きく影響します。そのため、主要取引先と実際に会うときも、メールの場合も正しいビジネスマナーで対応しましょう。定義を理解して、マナーを守れば主要取引先とは今後も良好な関係を維持できます。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス