円卓でステージがある会場の上座の位置と見分け方

上座, 下座

上座は敬意やおもてなしの心を示す席順

Reserved 186322 1280

まず、席次や席順には、上座の位置などの年長者や目上の人に対する敬意、来賓に対するおもてなしの心がこめられています。最も良い席を「上座」というのはご存じかもしれませんね。目上の人は、会社でいえば役職が上の人をさしますが、同じ地位の上司の場合には年齢が上の人が上座となるでしょう。下座(=しもざ)は、会社でいえは新入社員や、おもてなしをする立場の者が下座に座ります。

入り口から最も遠い席が上座

出席会場(ホテルの披露宴会場など)の入り口から一番遠い席(奥の席)が上座です。逆に入り口に最も近い席が下座となります。円卓や長方形のテーブルの宴会会場だと、上座下座は分かりづらい場合もあります。ホテルの宴会場や料亭、旅館などの大広間のステージがある会場の円卓ではどうなるでしょうか。

円卓の上座はステージに一番近い中央の位置

ホテルの披露宴会場や料亭、旅館などの大広間の宴会ホールでは、基本的には、ステージのある方が上座となります。従って、ステージから1番近い真ん中の席が上座です。円卓の場合は、ステージに1番近い中央が上座です。中央に2卓ある場合は、出入り口からより遠いテーブルが上座となります。ただし、結婚式の披露宴会場については、会場にもよりますが、新郎新婦が座る高砂席の前が上座です。

ステージ会場の円卓でも入り口から遠い席が上座

テーブルが円形なので難しく考えがちですが、入口から最も遠い壁に面した中央の席が上座です。次席は上座の左側、3番手が上座の右側と決まっているでしょう。4番手はその次の左、5番手が右、同様の順列で6番手7番手と続き、下座は上座の対面に座ることになります。また、中華料理の円卓テーブルは左右の優先度が逆になりますので注意しましょう。このとき次席が上座の「右」になります。上座の席の方は常にステージが見づらいですが、その場合は、椅子を少しステージ側に向けて観覧します。

円卓のターンテーブルでは料理の取り分け方にも気遣いが大切

円卓でターンテーブルがある場合は、上座の人から料理を取ります。次に、取り終わったら時計回りにターンテーブルを回します。このとき、瓶ビールなどが、ターンテーブルの上に乗ったままだと、瓶が倒れる恐れがあるので、瓶等の倒れやすい物はターンテーブルから、取って、次に回します。料理は人数分大皿に盛ってあるので、全員に行き渡るように取ります。そして、全員が料理を取り終ったら食べ始めます。※くれぐれも先に食べ始めないように注意しましょう。なお、ターンテーブルの場合は他の人に取り分ける必要はありません。

円卓でステージがある会場では入口と舞台の距離を基に上座を見分ける

円卓でステージがある会場では入り口から最も遠く、舞台に近い位置が上座となります。入り口から遠いのはステージがない場合と同じ見分け方で大丈夫です。ただし、円卓は形からステージに近いと舞台が見にくいですが、中央の位置を上座にするようにしましょう。演目、料理のシーンでその場にあった気遣いも必要です。円卓やステージといった特殊なケースでもスマートに対応できるように覚えておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス