繁忙期の意味と業界ごとに見分けるポイント

繁忙期

「繁忙期」の意味はわからなくても意外と身近にある

Businessmen 530331 640

繁忙期の意味は自分で経験していても実感がわかないケースもあり、業界による違いも大きくなります。繁忙期とは、来客や注文が多く、特に忙しくなる時期のことです。これは季節によって人の出入りや商品の売れ筋が変わるため、繁忙期中に最前線で働いているとただ忙しいだけで、意味がわからないうちに過ぎ去ってしまうこともあるでしょう。身近なところで言えば、飲食店は忘年会の予約が集中する年末や、観光地であればゴールデンウィークなどの大型連休が繁忙期となります。地域柄による影響もあるため、正しく意味を理解しておく必要があります。

繁忙期の反対は「閑散期」

繁忙期の反対の意味で使われるのが閑散期です。業界では、閑散期はお客がなかなか入らない状態を指し、売り上げ的にも赤字になってしまう企業もあります。バイトや仕事を経験する中でも、「この時期はどうしても仕事して欲しい!」と上司に言われた経験があるかもしれません。繁忙期や閑散期によって、必要な人手や仕事の内容が全く変わることが多いのです。特に起業や独立を目指すのであれば、しっかりと閑散期のことを見据える必要があるでしょう。あります。新規オープンやサービス開始が繁忙期で、後は閑散期が続くようでは利益を得ることができないため、それぞれの業界で対策をしっかりと練ることが大切なのです。

業界によって繁忙期の意味のわかりやすさが違う

繁忙期には差が「わかりやすい業界」と、「わかりづらい業界」があります。具体的には里帰りや観光客が集中する運輸関連や、観光業界は連休があれば繁忙期になることがあります。マリンスポーツやウィンタースポーツ関連も季節の影響を受けやすくなっています。一方で、通年手に入る商品ばかりを扱っている業界では繁忙期の意味や感覚がわかりづらくなります。それでも引っ越しシーズンや決算前、年末などが繁忙期だといえるでしょう。

〖わかりやすい業界〗

・引っ越しなどの運送業界

・飛行機やバスなど

・飲食店(年末や大型連休)

・レジャー施設

〖わかりにくい業界〗

・小売業や製造業(特に日用品)

繁忙期を見分けるポイントは予約のとりづらさや価格

Money 767778 1280

業界の繁忙期を見分けるポイントとなるのが、観光や飲食などサービス業であれば予約のとりづらさです。働いていて、予約がいっぱいの時期があればそれが繁忙期と言え、空きが目立つようであれば閑散期と言えます。宿泊関連であれば金額が上がることが通常で、運輸関連でも席の指定に追加料金が発生するところもあるでしょう。小売業であれば、特にクリスマスやバレンタイン、ハロウィンなどイベントの時期が繁忙期となるところもあります。予約の取りづらさ、価格、季節ごとのポイントが繁忙期を見分けるポイントです。

公共サービスにも繁忙期がある

公共サービスにも繁忙期があり、特に引っ越しが集中するシーズンは手続きをしようとする人が多くなります。特に確定申告なども締切日付近は非常に忙しくなってしまいます。電気や水道に関する問い合わせも待ち時間が長くなることが多く、一般事務や受付事務を季節限定で増員をしているところもあるでしょう。繁忙期には求人が増え、人手が足りなくなりがちという意味もあるため、事前の準備や対応が必要になる事も多いのです。

繁忙期はサービスの質が落ちるところもある

Train station 691176 1280

繁忙期は企業や業界がただ忙しいという意味だけでなく、消費者にとっては提供されるサービスや商品の質が落ちる可能性もあります。製造業ならその確率は低いかもしれませんが、特にサービス業でお店などが人で溢れていると従業員も十分な対応ができない可能性があります。繁忙期だと、通常期に比べて十分なサービスが受けられないときもあるので注意しましょう。繁忙期はただ忙しいだけでなく、商品やサービスの質という意味でも重要なのです。

繁忙期は地域や業界にとって「繁盛期」?

繁忙期の意味は、業界や会社にとって注文や予約が殺到する時期です。上述したように価格が高騰するだけでなく、顧客や販売数も増えます。業界や会社によっては繁忙期が年間売り上げの大半を占めるところや大儲けするところもあるのです。したがって、「繁忙期=繁盛期」と捉えられる場合もあるでしょう。『繁盛期』(はんじょうき)とは、1年の中でも儲かる時期という意味です。繁忙期や閑散期、繁盛期の意味がわからなくても、意外と身近にあるものなのです。

繁忙期は注文や予約が殺到する時期であり業界ごとに見分けるポイントは料金や季節

繁忙期は忙しく、繁盛する時期と言う意味ですが、業界や地域によって差があります。これは民間企業であれば売り上げが大きく伸びる半面、行政などの公共サービスでは税収が大きく増えると言うことが無いからです。また、観光地かどうかでも人の流れも変わってきます。大切なのは人材の確保も含めてしっかりとサービスの維持を行うことです。どの業界でも求人が増える時期でもあるため、繁忙期の意味を知り、自分の生活に取り入れながら様々な違いを学んでいくことは、将来的なキャリア形成や独立に役立つのです。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年12月1日転職