身だしなみを整えることの意味とメリット

身だしなみ

身だしなみを整えることには相手への気配りという意味がある

Torannpuwo

身だしなみを整えるというのは自分自身を綺麗に見せると言う意味だけではなく、相手に対して失礼にならないように気を配るという意味があります。これは社会人としても重要ですが一人間として相手と接する場合には非常に大事で、身だしなみを整えられていない人は相手に対しての敬意が足りていないともいえます。やはり身だしなみを整えない自分本位での振る舞いは周りに高圧的にみられますし、マナーとしてもマイナスとなります。

身だしなみを整えるのは見た目だけではない

身だしなみを整えるというのは単に綺麗な格好をして見た目を取り繕うのではありません。内面も整えてこそ本当の意味での身だしなみとはなるのです。内面的な身だしなみというのは言葉づかいや立ち振る舞い、相手に対する気遣いや心配りと言った言動です。これが伴って初めて身だしなみを整えられたという状態といえるでしょう。

見た目の身だしなみを整えることのメリットは好印象を与えやすくなる点

見た目の身だしなみを整えるメリットは、やはり第一印象が良くなるため相手に与える印象が好印象になりやすいという点でしょう。見た目に気を使わない人の場合、いくら仕事が出来ようとも、どれだけ内面的に素晴らしい人であっても見た目の印象で損をしてしまうケースが多く、それだけで他の人よりも後ろからのスタートとなります。一緒に仕事などをするうちに見た目の印象ではなく内面や仕事が出来る能力に気づいてはもらえますが、取引先などそれほど直接頻繁に会わない場合は、やはり見た目の身だしなみを整える方がメリットが大きくなるでしょう。

内面の身だしなみを整えるメリットは自分自身の成長

内面の身だしなみを整えるメリットは、内面を磨くことで自分自身の行動にも変化が起きるという意味が挙げられます。見た目だけを気にして内面を疎かにしていれば、第一印象は良くてもそこから先の評価は期待できません。しかし内面の身だしなみを整えれば立ち振る舞いや言葉遣い、何気ない行動に至るまでが周りに良い印象を与えることになるため、自分でも気が付かない間に出来た人だと言う評価に繋がるのです。

身だしなみを整えると気持ちが切り替わるメリットもある

身だしなみを整えることは自分自身の気持ちを切り替えるメリットにも繋がります。だらしない格好をしている場合、それに同調するように気持ちもだらしなくなってしまいがちですが、見た目の身だしなみを整えると気持ちも引き締まり、それによりだらけていた気持ちも大きく切り替えられるという意味があるのです。

相手への気遣いで身だしなみを整えることが自分のメリットにもつながる

身だしなみを整えるのは相手本位の気遣いと言う意味合いが強いわけですが、それは最終的には自分の評価や印象として返ってくるものです。身だしなみを整え相手を気遣った見た目や行動が、よりよく見える自分繋がるわけです。

外見・内面の身だしなみには相手への気配りという意味があり評価の向上などのメリットがある

身だしなみを整える意味とそのメリットについてご紹介しました。身だしなみを整えるということの意味は、外見だけではなく、内面について言えます。そして、外見を整えると他人からの第一印象が変わるという意味がありますし、内面の身だしなみを整えると自分の成長につながる意味があります。このように、身だしなみを整える行動には大きなメリットがあるのです。

あわせて読みたい特集記事

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス