「願います」という言葉の意味と敬語での表現方法

敬語

「願います」という言葉の敬語表現は間違いやすい

Notepad 691250 640

「願います」という言葉を間違って使っている人は、とても多いといいます。とくに確認のメールなどで正しく使用していない人は珍しくありません。しかもそれが失礼に当たっているということを、気づいていないケースも少なくはないようです。ではどのように言い換えればいいのでしょうか。「願います」という言葉の正しい使い方をこちらでご紹介しましょう。

確認のメールなどでは「ご確認お願いします」の言葉に変える

確認のメールなどの「願います」という言葉は間違いやすいので注意が必要です。たとえば、「ご確認願います」とメールに書いてしまうことがありますが、これは本来の使い方ではありません。正しく敬語に直すと、「ご確認お願いします」という文面になります。この言い換え方は使用する頻度がとても多いので、ぜひ覚えておくようにしましょう。

「願います」をより丁寧な言葉がある

「願います」という言葉は、上記のように確認のメールなどで間違って使われるケースが多いです。そもそも敬語ではありませんので、ビジネスシーンで使うべきではありません。言い換え方法として「ご確認お願いします」とご紹介しましたが、より丁寧にするには“助詞”を使ってみてださい。実際、どのような使い方をするのかこちらで確認してみましょう。

助詞を入れると丁寧な言葉になる

「願います」の言い換え方として一般的なのは、「ご確認をお願いします」です。ただそこに助詞を加えると、さらに丁寧な印象を与えることができます。たとえば、「ご確認のほどよろしくお願いいたします」といった具合です。「ご確認をお願いします」でもきちんとしたマナーに乗っ取っていますが、より丁寧な印象を与えたいときは、ぜひこちらの言い換えを使ってみてください。

「願います」をソフトに言うなら

「願います」という言葉の言い換え方は、ここまで紹介してきた以外にもさまざまなものがあります。使い方によってニュアンスが異なってきますので、知れば知るほど幅広い用途で使えるようになり、確認メールなどでも良い印象を与えることができるようになるでしょう。ではどのような使い方をするのかなどについてわかりやすく解説をします。

「ます」を入れた敬語表現を活用する

「願います」という言葉の敬語の言い換え方として、「です」や「ます」を入れると敬語表現の幅がかなり広がります。たとえば、「ます」を入れた例は「ご確認いただけますでしょうか」といった文面です。おそらく誰が見ても、「ご確認をお願いします」という敬語より丁寧さを感じることでしょう。相手に対してソフトにお願いしたい、伝えたいという場合にはぜひこの敬語表現を活用してみてください。

「願います」という言葉はそのまま使うと敬語にならないので「お願いします」に言い換えて表現しよう

まずおさえておきたいのは、「願います」という言葉は敬語ではないということです。敬語を簡略した表現ですので、ビジネスシーンなどで使うことは避けてください。言い換えとして「ご確認お願いします」や「ご確認のほどよろしくお願いします」といった表現がありますので、「願います」ではなくこちらの敬語を活用するように心がけましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス