ハローワークに証明写真を提出する際の規定と注意点

ハローワーク, 証明写真

ハローワークに提出する証明写真のサイズは3.0×2.5cm

Carrying case 19576 1280

ハローワークに提出する証明写真のサイズは、3.0×2.5cmです。履歴書の4.0×3.0cmや運転免許証の3.0×2.4cmとも微妙に異なります。証明写真は、大体複数枚セットで現像されますが、ハローワークに提出する用の証明写真は他の用途に使いまわせません。無駄になることに関しては諦めて、必ず3.0×2.5cmで証明写真を撮影しましょう。

提出する証明写真は2枚必要

ハローワークに提出する証明写真は2枚必要です。証明写真は、雇用保険受給資格者証に使用されますが、2枚必要な理由は不明です。雇用保険受給資格者証には1枚分の写真貼付枠しか設けられていませんが、指示に従って2枚提出しましょう。また、ハローワークに提出する用として証明写真を撮り、他のことに使いまわせないからと言ってすぐに破棄してしまうと、もう一度撮り直す事態を招きます。

ハローワークに提出する証明写真は本人確認の意味もあるのでスーツでなくても大丈夫

ハローワークに提出する証明写真は、本人確認用のような約割を果たしているため、スーツを着用したり姿勢に注意して証明写真を撮る必要はありません。面接の際に提出する履歴書に使いまわす訳でもないため、髪型に気をつける必要も無いでしょう。また、カラーではなく白黒であっても本人確認が取れさえすれば良いです。白黒の方が安く撮れるのであれば、白黒を選んでもよいでしょう。

サングラスなどを着用して顔を隠さないように気を付ける

ハローワークに限らず、証明写真を撮る際には無表情もしくは口角を少し上げた程度の表情を作りましょう。本人確認が取れないような表情や、満面の笑みなどをしてしまうと撮り直すことになります。また、サングラスなど顔を部分的に隠してしまうような物を身につけていても、証明写真としては認められないので注意しましょう。

証明写真以外の持ち物(身分証明書・預金通帳・印鑑など)も忘れずに

ハローワークに証明写真を提出する際には、失業保険の受給手続きを行うことになります。証明写真にばかり気を取られていると、他の持ち物を忘れてしまい、再度受付しなおすことになりかねません。運転免許証などの写真付きの身分証明証や、失業保険の振込先の預金通帳、シャチハタ以外の印鑑を忘れずに持っていきましょう。

不要な証明写真は悪用を防ぐために処分するのがおすすめ

証明写真は、本人を証明するための重要な物です。ハローワークに提出するために2枚切り取ったら、残りの証明写真は必ず裁断して破棄しましょう。証明写真があると、他の身分証明などと一緒に盗まれることで、悪用される可能性があります。証明写真も個人情報の一つと考えて、不要な証明写真はいつまでも残しておかずに破棄しましょう。

ハローワークに提出する証明写真は本人確認用なので3.0×2.5cmのサイズに気を付ける

ハローワークには、証明写真を2枚提出しなければなりません。また、ハローワークに提出する証明写真は、履歴書や運転免許証に貼り付ける証明写真のサイズと異なるため、残った証明写真は不要になります。ハローワークには、本人確認用として証明写真を提出することになるので、服装や髪型、姿勢などは気にせずに撮りましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2018年10月19日転職