永年勤続表彰の挨拶を会社で行う際の流れ

2016年11月29日永年勤続表彰

会社での永年勤続表彰の挨拶の流れとは

Fashion 601553 640

永年勤続表彰の挨拶という事で、非常に長い期間今の会社に勤めたわけですが、社員が多い会社だと顔も名前も分からない人がたくさんいますね。またそれほど社員が多くない会社においても、全員のフルネームを知っている、という人はそれほど多くありません。

会社での永年勤続表彰の挨拶の流れ①:まずは自己紹介をする

永年勤続表彰の挨拶では、まず自分の名を名乗り、いつ入社をしたのか、どんな部署にいたのかという自己紹介をします。この際、注意すべきことはあまり長くなってしまわないことです。飽くまで自己紹介であるということを忘れないでください。

会社での永年勤続表彰の挨拶の流れ②:感謝の言葉を述べる

永年勤続表彰での挨拶は自己紹介から始まりますが、その後に、これだけ長く働かせてくれた会社へのお礼、そして今までの上司や同僚。現在の上司、部下、仲間と職場いる周囲の人々への感謝の気持ちを挨拶で述べます。永年勤続表彰されるくらい長く働いた本人も立派ですが、それも支えてくれる周囲の人があってこそ。周りに対する感謝の気持ちを忘れないようにしなくてはなりません。

会社での永年勤続表彰の挨拶の流れ③:印象深かった思い出を述べる

永年勤続表彰での挨拶の言葉、自己紹介とお礼だけではとても薄いものになってしまいますね。他に入れると良いのは、今までの会社員生活の中で印象深かった出来事や思いです。あなたの永年勤続表彰での挨拶を聞いて、懐かしい思いになる社員や、「そんなことがあったのか」と会社やあなたについて理解を深める社員もいるでしょう。また、現在の部署での仕事内容なども簡単に紹介します。

参加者側はお祝いの挨拶をするのを忘れずに

さて、最後に立場を少し変えて、永年勤続表彰をされた上司への挨拶について触れてみましょう。若手社員の人々からすれば、何十年も同じ会社で働き続ける、という事がまだ具体的に想像できないかもしれません。永年勤続表彰での挨拶を聞いて、はじめてその上司がどれだけ長く今の会社で働いたかを知った人も多いでしょう。お世話になっている方へ、お祝いの言葉を送りましょう。

感謝を伝える言葉を選ぼう

まずは「永年勤続表彰、本当におめでとうございます」と祝辞を伝えましょう。それから先ほど永年勤続表彰での挨拶をした事に触れ、挨拶の中でのエピソードであなたが感じた事を伝えましょう。忘れてはならないのは、それだけ長く会社員をして働いてきた上司を敬う気持ちをベースに話をする事です。そしていつもお世話になっているお礼、これからもよろしくお願いします、という言葉を伝えます。

永年勤続表彰の挨拶を会社で行う際の流れは「自己紹介→感謝の言葉→思い出」

永年勤続表彰の挨拶を会社で行う際の流れを紹介してきました。永年勤続表彰での挨拶でまず話すべきことは自己紹介と簡単な経歴です。それから会社と、社内での仲間に対する感謝の気持ちを述べます。また今までの会社員生活の中で印象的だったエピソードや感想を述べても良いでしょう。永年勤続表彰での挨拶で気を付けたいことは、話が長くなりすぎないようにする事です。聞き手が「もっと聞きたい」と思うくらいで切り上げましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日ビジネス

Posted by BiZPARK