事故を起こした場合にお詫びする方法【交通事故のケース】

お詫び, 交通事故

交通事故を起こした場合のお詫びとしてお見舞いに行く

Gf01a201503301100

交通事故で相手を怪我させてしまった場合、まずは保険会社へ連絡をしますが、その後当日中にでも保険会社の人と一緒にお詫びのためにお見舞いへ行きましょう。もし相手がお見舞いを受け入れてくれるようであれば、退院するまで毎日顔を出して、お詫びをし、謝罪の気持ちを示す事が大事です。交通事故の被害者や家族の状況を見て、顔を出さない方が良いと判断したら、その後は行く事を控えます。

交通事故後には必ずお詫び状を書いて送る

交通事故の後始末は保険会社がするし、お見舞いに行っているから、お詫び状はいらないのでは?と考える人もいそうですが、「交通事故を起こして申し訳ない」という気持ちを形で証明し、証拠として残すためにもお詫び状は必要です。事故後、すぐに手書きでお詫び状を書き、送付します。文面は基本的なお詫び状の形式に則りつつ、交通事故の被害に遭わせてしまった謝罪の気持ちを自分の言葉で書きましょう。

物損事故を起こした場合のお詫びは謝罪の気持ちを明確に

相手の車にぶつけてしまった、などの物損事故の場合のお詫びの方法です。こちらも保険会社へ基本的には対応を任せますが、やはり被害を与えてしまった相手へ「申し訳なかった」というお詫びの気持ちを示す事が大事です。ただし物損事故で相手に怪我がない場合、あまり何度もお詫びをしてしまうと、かえって迷惑だと思われてしまう事もあります。

相手が元気ならお詫び状と菓子折りを送る

物損事故で相手が怪我をせず元気だった場合は、ご自身の仕事やプライベートの都合もありますので、事故後に一度電話をして様子を確認し、お詫びの気持ちを伝える程度にとどめます。その後、お詫び状を書き、菓子折りと一緒に送ると良いでしょう。直接お会いして謝罪を、と考える人もいますが、相手の時間を割いてしまう事を考えると、お詫びの品(相手にとって負担にならない程度のもの)を送るくらいがちょうど良いという考え方が一般的です。

事故のお詫び状は白い便箋と封筒に手書きが基本マナー

交通事故を起こしてしまった場合、どのような事故であっても、必要なお詫びの方法として、お詫び状を書いて郵送します。お詫びの気持ちを文書として示し、形に残るもので証明するためでもあり、また、社会人としてのマナー、礼儀でもあります。が、お詫び状を書く機会はなかなかありませんので、基本的な書き方と注意すべき点をまとめてみましょう。お詫び状は基本的には手書きで、白の便箋と封筒を使います。

手紙のルールに乗っ取り誠意と謝罪を伝える

手書きで文字を書く機会も減っているかと思いますが、お詫び状を受け取る、事故被害者の立場からすれば、ワープロで打ったものと手書きと、どちらが気持ちが伝わるか分かりますよね。拝啓。敬具といった頭語結語を使い、文面には事故を起こした事を謝罪する気持ちを丁寧に綴りましょう。

交通事故を起こしたら謝罪としてお見舞い後にお詫び状を書いて送る

交通事故など種類を問わず事故を起こしてしまったらお詫び状を書いて送りましょう。交通事故でしたら、許されるようなら毎日お見舞いに伺います。物損事故ならば電話で謝罪したあと、菓子折りをお詫び状と一緒に送ると良いでしょう。また相手の態度を見ながら、相手にとって不愉快・負担にならないように臨機応変に対応しましょう。大切なのは相手に誠意を伝えることです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月6日ビジネス