国民健康保険と国民年金制度の違い

2018年9月26日国民健康保険, 年金

国民健康保険と国民年金の違いとは

Choctaw bluff 305932 1280

国民健康保険と国民年金は通常自営業者や学生、無職の人が加入する保険制度となります。また、厚生年金の中にも基礎年金(国民年金)が含まれています。この国民健康保険と国民年金は通常セットで考えられている場合が多いのですが、大きな違いとしては60歳を迎えたときにあります。

「国民健康保険」は定年後も保険料の支払があるが「国民年金」は給付を受けられる

国民健康保険は、定年を迎えても保険料を支払わなければいけませんが、国民年金のほうは定年を迎えたら今度はお金が給付されることになります。この部分が国民健康保険と国民年金の大きな違いとなります。しかし、国民健康保険に加入し保険料を納めていれば、常に医療費の自己負担が3割で済みます。

「国民年金」は老後のサポート「国民健康保険」医療費補助の制度

国民健康保険と国民年金は2つとも非常に大切なものです。国民年金は自分の老後の生活のために積み立てるものですし、国民健康保険は医療費のサポートを受けるために必要な保険制度となります。会社勤め等をしているとこの2つの保険料がまとめて徴収されるため、それぞれの保険制度の違いがよく分からないかもしれません。しかし、その一つ一つが大切な役割を担っているのです。

高齢者に近づくほど保険制度のメリットを実感する

若い方ですと、体も丈夫ですし、老後を心配するのには早すぎると考えがちです。しかし、誰でも歳をとれば老いはやってきます。そうなったとき、国民年金や国民健康保険の効果を実感するはずです。給料から天引きされる金額は確かに大きいし、それぞれの社会保険の仕組みや違いも分からないかもしれません。しかし、この保険制度は必ず加入して保険料を納める義務がありますし、払っていればその恩恵を十分に受けることができます。

国民健康保険に未加入の場合は医療費を全額負担しなければいけない

国民健康保険にもし加入していない場合は、医療費の全額を自己負担しなければいけません。国民健康保険に加入している場合は、医療費の自己負担額は3割で済みます。残りの7割を負担しなければいけない…と言う事は自己負担学に大きな違いが出てきます。また、国民健康保険は途中からでも加入することができるので、万が一のために備えて必ず加入しておきましょう。

国民年金も老後に受給できる金額がゼロになってしまう

また、国民年金に加入せず定年を迎えても、年金を受給される事はありません。長年年金を納めてきた方々はまとまったお金を月ごとに給付されますが、国民年金を納めて来なかった方にはもちろん給付はナシとなります。国民年金の給付額が低いからといっても、月ごとにまとまったお金が手に入る…と言うのは家系にとっては大きな違いがある筈です。必ず国民年金も加入して保険料金を納めなければいけない保険の1つです。

国民健康保険は医療費サポートで国民年金制度は老後保障という内容の違いがある

国民健康保険と国民年金、これらの保険は会社勤め等をしていると源泉徴収で一気に天引きされるため、その内容や仕組みの違いについてはあまり深く知られていません。国民健康保険に加入していれば医療費の自己負担額を大幅に減らすことができますし、国民年金に加入して長年保険金を収めていれば定年退職後に年金の給付を受けることができます。これらの保険に加入していなかった場合、後々自分が困ることとなりますので、必ず加入して月々の保険料を納めるようにしましょう。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2018年9月26日転職

Posted by BiZPARK