OB会での挨拶の言葉と話す際のポイント

2016年12月9日OB会

OB会での挨拶は書き出して終わりの言葉をしっかりすることがポイント

Finger 567279 640

OB会で挨拶をするには、大きくわけると2つのポイントがあります。まずは挨拶の書き出しをしっかりとすること。また、締めの挨拶の言葉をしっかりすることの2つです。そのため、これら2つのポイントをこれから説明していくので、今後OB会で挨拶をしなければならないことになったら、ここでポイントを押さえておきましょう。

挨拶はしっかりと行えば問題はない

OB会で挨拶をすることになると、億劫に感じる人もいるでしょう。自分よりも年上の諸先輩方がOB会に参加するので、緊張してしまうはずです。しかし、しっかりとした挨拶をすれば問題ありません。きちんと挨拶ができるように心がけましょう。

OB会での挨拶は書き出すことによって内容を引き締まったものにできる

OB会での挨拶のポイントは、まず言葉をしっかりと書き出しをすることです。メールにしろ文書にしろ、スピーチにしろ、しっかりと言葉を書き出しをすることでOB会の挨拶は引き締まったものにすることができます。

1つの会としてまとめることに意識を置こう

そこで押さえておきたいポイントは「1つの会としてまとめることに意識を置く」点です。これは現役とOBとしてわけるのではなく、1つの部活動、クラブ活動、研究会などとしてくくることにあります。その時のキーフレーズとして「私たち」という言葉を入れておくと、一体感が増すので諸先輩方も話をしっかりと聞いてくれるようになります。こうしたポイントを押さえつつ、先輩方の活躍の良さを伝えたり、現役の話をしてみると話にふくらみができます。ですので、まずは挨拶の言葉をしっかり書き出しましょう。

OB会の挨拶で締めの言葉として感謝の意を述べること大切

OB会の挨拶で大事なポイントの2つ目が、締めの言葉をしっかりとすることです。特に参加してくれた諸先輩方・現役に感謝の旨を伝えることが大事になります。こうしたOB会に参加する人たちは、ビジネスの第一線で活躍している人が多くいる可能性があります。そのため、わざわざOB会のために時間を割いてくださったことに対して、感謝の意を述べておくことは非常に大事なことです。

今後のOB会の開催について伝えておこう

また、今後OB会が開催されるのであれば、結びの言葉の際に伝えておくといいでしょう。このように感謝の思いと次回予告をしておくことで、しっかりとした結びの言葉にすることができます。また、万が一次回の開催予定が未定であれば、連絡が取れるように名刺交換などを済ませておくことが肝心です。そうすることで次回以降の参加者が増えて、OB会を成功へと導くことができるようになるでしょう。

OB会で挨拶をする際は内容を書き出して締めの言葉で感謝の意を伝えよう

OB会の挨拶をするとなると、どんなことを言ったらいいか迷ってしまうものです。そういった人は、ここで説明した2つのポイントを守るようにすると、上手く挨拶を済ませることができるようになるでしょう。ただし、テンプレートを作って挨拶をするのではなく、自分の言葉で挨拶ができるようにしておくことが肝心になるので気をつけましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月9日ビジネス

Posted by BiZPARK