【バレずにサボる!】社員旅行を休むための言い訳アドバイス!

2017年1月16日社員旅行, 言い訳

社員旅行を休む言い訳①「体調不良を訴える」

社員旅行はほとんどの場合、泊りがけで行われます。1日だけならまだしも、数日に渡る社員旅行に体調不良の人物を強制的に参加させてしまうと、後から思いがけないトラブルに発展する可能性があります。そのため、体調不良の場合は強制されないケースがほとんどです。

必ず当日に体調不良を訴えよう

体調不良は必ず当日に訴えましょう。前日から体調が悪いんだとアピールしてしまうと、かえって仮病である事がバレやすいです。あからさまな体調不良ではなく、顔色が悪く見えるように朝食を抜くなど、事前準備が必要です。

社員旅行を休む言い訳②「冠婚葬祭を利用しよう」

冠婚葬祭手当が存在するように、冠婚葬祭に関しては仕事よりも優先すべきという風潮が根付いています。そのため、友人や家族の結婚式があれば、それを休む言い訳に使える可能性があります。会社によっては、友人の結婚式による休暇は認められない場合もあります。親友の結婚式で、特別出席したい旨を伝えましょう。

葬式関係で休む言い訳の多様は禁物

親族に不幸があったという嘘を付いて社員旅行を休む場合は、証明書の提出を求められる場合があります。葬式を行った証明書の発行を迫るのは失礼に値しますが、規定に基づいて処理を行わなければならないと前面に出すことによって、証明書の提出を要求されるケースがあるのです。そうなれば嘘たと知られてしまうので、葬式関係の休む言い訳は、事前に会社の規定を調べてから使用しましょう。

社員旅行を休む言い訳③「家庭の事情をはさもう」

家庭の事情であれば、会社が安易に踏み込めない領域なので嘘が通じやすいです。子どもが熱で倒れてしまい看病できる人物がいないなど、仕方が無い上に確認しようがない言い訳を使用して休むようにしましょう。

親の介護も休む言い訳に使える

親が高齢であれば、病気で倒れたり介護の必要がある旨を伝えて、泊りがけの社員旅行には行けない事を伝えましょう。もしそれで日帰りの社員旅行になったとしても、夜に宴会が開かれる事もないので、社員旅行にはメリットしかなくなります。旅行中に上司に気を遣わなければならないというデメリットは残りますが、自分だけが気を遣う訳ではないので負担を最小限に抑えられます。状況に応じて参加しましょう。

社員旅行を休むための言い訳は自分の状況に合ったものを!

社員旅行を休む言い訳を考える際には、事前の準備が必要です。準備をせずに言い訳だけ伝えて休むことになれば、嘘の可能性があると疑われてしまいます。今後の同僚と上司との関係にも影響するので、数日前から事前に準備をしておきましょう。どの言い訳を使用する際にも、嘘であることを知られないように注意が必要です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年1月16日ビジネス

Posted by BiZPARK