起工式で施主や施工者として挨拶する際のポイント

起工式

起工式とは建築物を建てる前に安全と幸福を祈願するために行われる式典

Home 169540 1280

起工式の挨拶の説明をする前に、そもそも起工式とはどんなものなのかについて見ていくこととします。これを知っておくことで、起工式に合った挨拶の仕方ができるようになるでしょう。まず、起工式とは上棟式や棟上祭と呼ばれるもので、建築物を建てる前に安全と幸福を祈願するために行われる式典になっています。施主や施工者、工事関係者などが参加をするのが一般的になっています。

反対に竣工式は建築物の完成を祝う式典

一方で、竣工式と呼ばれるものもあります。これは起工式とは反対に、建築物の完成をお祝いしたり、感謝したりする式典になっています。そのため、どちらも建築物に関する式典ではあるものの、起工式は建てる前、竣工式は建てた後にやるものだと認識して挨拶文を考えるようにするといいでしょう。

施主として起工式に参加するときの挨拶のポイント3つ

起工式では施主として参加するときと、施工者として参加する場合があります。そして、まず施主として参加した際の挨拶のポイントを説明していきます。施主として参加した時の挨拶のポイントは3つあります。

施主としての挨拶のポイント①:参加者・近隣住民に感謝を述べる

まず「参加者・近隣住民に感謝を述べる」ことにあります。例えば「この度は、御参加いただきありがとうございます。また、ようやく起工できることを大変喜ばしく思っております。」といった具合です。

施主としての挨拶のポイント②:建築物の形態についての説明

そして2つ目のポイントは「建築物の形態」について説明することです。例えば、「本建築物は、○○地区でも最大規模の~」「本ビルは、最先端の省エネビルで~」といったように「建築物の形態」について説明するようにしましょう。

施主としての挨拶のポイント③:近隣住民へのお詫びを伝える

最後に、3つ目のポイントは「近隣住民へのお詫び」を伝えることです。これは工事中に騒音やトラックなどの出入りが多くなるからです。そのため、こうした3つのポイントを押さえて、起工式の挨拶とするといいでしょう。

施工者として起工式で挨拶する際の3つのポイント

続いて起工式で、施工者として挨拶する際のポイントについて説明していきます。基本的には、施工者として挨拶する場合、企業ごとにある程度フォーマットが決まっていることが多いので、それを参考にするといいでしょう。施工者として起工式であいさつするポイントも3つあります。

施工者の挨拶のポイント①:手短に施主への感謝を述べる

まず1つ目のポイントは「手短に施主への感謝を述べる」ことです。これは請け負わせてもらったことへの感謝の意を述べるようにします。

施工者の挨拶のポイント②:施主から信頼が置かれていることを伝える

また2つ目に、「施主から信頼が置かれていること」を伝えるようにしましょう。例えば、どのような要望が出ているのかなどを伝えるようにします。

施工者の挨拶のポイント③:近隣住民へのお詫びを伝える

そして、最後に「近隣住民へのお詫び」を伝えるようにします。これは施主同様に、迷惑がかかることへの配慮となっています。そのため、こうした施工主の挨拶ポイントを押さえて、起工式であいさつをすれば問題ないでしょう。

施主と施工者は起工式での挨拶のポイントをおさえてまとまりのある挨拶文にしよう

起工式での挨拶ポイントについて、施主と施工者の両方の立場から見てきました。起工式とは建築物を作る際の安全と幸福を願う式典のことを言います。そのため、こうした場に合った感謝や建築の意思、また近隣住民への配慮を入れた挨拶にするとまとまりのある、いい挨拶文にすることができるでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス