給与支払報告書の乙欄の書き方とフォーマットのダウンロード

給与支払報告書

給与支払報告書とは給与をもとに住民税額を決定するための書類

Bible 431483 1280

給与支払報告書とは、対象者の給与をもとに住民税額を決定するために提出する書類です。給与支払者が各市区町村に提出します。

給与支払報告書には「総括表」と「個人別明細書」の2種類がある

給与支払報告書には、主に「総括表」と「個人別明細書」の2種類の書類があります。具体的には以下のような内容の書類で、各市区町村によってフォーマットは異なります。(参照:荒川区ホームページ)それぞれ、漏れのないように記入したうえで市区町村に提出する必要があります。

0a6139ff250583c1c3bad2895b7f1706 s
D2895b7f1706 s

特別徴収と普通徴収について

市区町村指定の総括表には、多くの場合、特別徴収と普通徴収のそれぞれの人数を記載する箇所が設けられています。特別徴収とは、会社が給与支払の際に税金を天引きして代わりに収めること、普通徴収とは、給与所得者が直接納めることです。普通徴収対象者の場合は、普通徴収該当理由書の添付が必要になります。おそらく、一般的には特別徴収の場合が多くなるのではないでしょうか。

給与支払報告書の乙欄の書き方

給与支払報告書の詳しい書き方については、各市区町村のホームページなどに紹介があるはずです。まずは、そちらの注意事項などをよく確認しておきましょう。書類には、「乙欄」という欄がありますが、ここについて今回は簡単に解説していきます。

乙欄は「主たる給与の支払いがほかにあるかどうか」を表す

給与支払報告書の乙欄は、「主たる給与の支払いが他にある場合」にのみ「○」を記載します。この主たる給与の支払いが他にあるかというのは、副業などもそうですが、役員報酬も当てはまります。大半は、役員報酬等の支払いが該当するようです。

記入ミスや漏れがあると、訂正の必要があり非常に手続きが面倒になります。提出の前に、まちがいや漏れがないか、よくよく確認してください。

給与支払報告書のフォーマットのダウンロードと提出方法

Https   www.pakutaso.com assets c 2015 06 pak85 notepc20150319202127 thumb 1000xauto 18289

給与支払報告書は、各市区町村によりフォーマットが異なります。まずは、正しいフォーマットを手に入れる必要があります。

給与支払報告書は提出先の役所のHPからダウンロード可能

給与支払報告書の提出フォーマットは、提出先の市区町村の役所のホームページからダウンロードすることが可能。各市区町村によって異なる可能性はありますが、PDFもしくはエクセルの形式で用意されている場合が多いようですので、都合のいいほうをダウンロードして使用するといいでしょう。

また、各市区町村の税務課課税係窓口で配布もしていますので、そちらで書類を受けとることも可能です。期限に間に合うよう、余裕をもってダウンロードや窓口で受け取り準備しておきましょう。

総括表と個人別明細書の間に区分紙を挟み市区町村へ提出・郵送

給与支払報告書の書類の記入が終了したら、特別徴収、普通徴収それぞれの給与支払報告書の先頭に区分紙を挟んで、以下の順番に並べて提出します。(郵送も可能)

① 総括表

② 特別徴収該当者区分紙

③ 個人別明細書(特別徴収の人数分)

④ 普通徴収該当者区分紙

⑤ 個人別明細書(普通徴収の人数分)

区分紙についても、各市区町村のホームページからダウンロードができます。

給与支払報告書は重要書類、乙欄の書き方に注意しフォーマットはダウンロードを

給与支払報告書は、慣れないと書き方に注意が必要な書類と言えます。まずは、各市区町村のホームページや窓口で配布している作成の手引きなどで、書き方の確認をしておくといいでしょう。また、乙欄は「主たる給与の支払いが他にある場合」に活用する欄です。その他の欄にもまちがいがないよう、十分注意してください。もし、誤りがある場合、訂正の手続きが非常に面倒です。

また、給与支払報告書の各フォーマットは、提出先の市区町村のホームページからダウンロードするのが便利。PDFもしくはエクセルの都合のいいほうをダウンロードして使用しましょう。窓口で配布もしていますが、どちらにしても提出締切に間に合うよう早めの準備をオススメします。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス