社内と社外に送るメールの使い分けに関するビジネスマナー

ビジネスメール

社内で送るメールに関するビジネスマナー

紙削減(エコ対策)、そして時間節約の為にも社内でもメールを使って情報を流す事が毎日のようにありますよね。

社内メールを送る際には個人宛てであれば○○さんで良いです。

そして、ビジネスマナーとして「お疲れ様です」という言葉から書き出しましょう。

「ご苦労様です」は自分よりも下の人に対して使う言葉なので、ここは誰に対しても「お疲れ様です」で統一させる事がビジネスマナーでしょう。

社内メールは伝えたい情報を簡潔に記しましょう。

長くメールを書く人は説明が下手=仕事ができないと思われる事があります。

簡潔に書き、最後に「よろしくお願いします ○○」と自分の名前も最後に書きましょう。

そして最後にアドレス、件名、メール内容を確認し送信しましょう。

社外に送るメールに関するビジネスマナー

一般的に社外との人とのやりとりはメール、電話、そして時々ファックスを使用する事となるでしょう。

特にメールが1番使う事になると思うのですが、これは後々問題が発生した際に「証拠品」となる事があるので、とにかくきちんと確認する事が重要です。

まず件名も簡潔に書きましょう。

宛名は○○様と始め、ビジネスマナーとして「お世話になっております」と書き出し、それが自分が送ったメールに対する返信であれば「早速のご返信、ありがとうございます」とつなげまるととても丁寧な感じがしますよね。

こういった社外メールも内容を簡潔に書きましょう。

メールが長いと後回しにされてしまう可能性もありますし、読んでいて疲れます。

相手の事を考えて、自分も後から確認しやすくなるようなメールを書く努力をしましょう。

日本語は色んな種類の敬語があり、使い方も難しいです。

メールで自分の教養レベルも分かってしまうので、メールをしながら勉強勉強の毎日です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月25日ビジネス