【ご自愛ください】は目上の人にも使える? メールでの使い方や例文

敬語

メールや手紙の文末に、相手の体調を気遣う言葉を添えたいとき。どのような表現を使えばよいのでしょうか。今回は「ご自愛ください」を例に挙げて、正しい使い方や例文、誤った使い方などについてご紹介します。

「ご自愛ください」の意味

「ご自愛」には、「自分を大切にすること」、「自分の健康状態に気をつけること」といった意味があります。つまり、「ご自愛ください」とは、“お体に気をつけてくださいね”といった、相手を労わる気持ちのこもった言葉です。

「目上の人に使ってもOK?

「ご自愛ください」を目上の方や上司に使うとき、「使い方は正しいのか」、「失礼にあたらないだろうか」なとど、不安に思っている方、いらっしゃいませんか。結論から言えば、「ご自愛ください」を目上の方や上司に使っても問題ありません。

ただ、「ご自愛ください」の“ください”が、命令形であることや、相手に要求・依頼するニュアンス持つ動詞であるために、どこか上から目線の言葉として受け取られたり、押し付けがましさが滲み出てしまう可能性もあります。そうした命令的なニュアンスを和らげたい場合は、「どうぞ,ご自愛ください」や、「ご自愛くださいませ」といった形で、文頭や文末に言葉を補うといいでしょう。

また、“ください”の使用を避けて、「ご自愛をお祈りいたします」「ご自愛をお祈り申し上げます」といった婉曲的な表現を用いる方法もあります。

使い方と例文

「ご自愛ください」は、季節に関係なく、ビジネスメールや手紙などの結びの挨拶として使えるフレーズです。「ご自愛ください」の前には、時候について触れた言葉を添えるのが一般的となっています。具体例分をいくつかご紹介します。

・これからも暑さが続きますので、くれぐれもご自愛ください
・寒暖の差が激しくなっておりますので、何卒ご自愛くださいませ。
・先を見通しずらいコロナ禍ではありますが、どうぞご自愛くださいますようお願い申し上げます。

こんな使い方に注意!

お体にご自愛ください

誤った使い方にも十分注意しましょう。例えば、「お体にご自愛ください」という表現です。上記でも触れたように、「ご自愛」には「自分の健康状態に気をつけること」といった意味が含まれているので、「お体に」をつけるのはNG。二重表現にあたります。

すでに病気の人に使うのはNG

また、入院している人や病気にかかっている人に向けて、「ご自愛ください」と使うのも誤りです。「ご自愛ください」には、“体調を崩さぬようにお気をつけください”といった意味があるため、健康な相手に向けて使用するのが適切。そのような場合は、「1日も早く回復されることを心から祈っています」「どうかお大事になさってください」と言ってフレーズを使うといいでしょう。

言い換えや類語をピックアップ

「ご自愛ください」と似た表現には、「お体を大切になさってください」、「健康にお気をつけください」、「健康にご留意ください」といったものもあります。メールや手紙で、相手の健康を気遣った言葉で文章を締め括りたいとき、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

ビジネス

Posted by BiZPARK