「ありますか」は敬語?言葉の違いと使い方

敬語

目上の人に「ありますか」は厳禁

Cc library010009868

目上の人に敬語を利用することは凄く難しいこととなっています。「ありますか」という言葉をよく利用するかもしれませんが、この言葉自体は敬語ではありません。適当な言葉を利用してしまい、目上の人に失礼なイメージを与えることは駄目なので、敬語を利用してください。

「ありますか」は他の敬語に置き換える

「ありますか」という言葉は、つい使ってしまいがちです。しかし別の敬語に置き換えることが必要となるため、この言葉を使うことは、ビジネスでは良くありません。敬語を理解しているかどうかは、こうした難しいような言葉でわかるので、出来る限り「ありますか」とは使わず、対応している敬語に置き換えてください。

「ありますか」の敬語は「ございます」

「ありますか」という言葉の敬語は、一般的に「ございます」という言葉になりますので、覚えておいた方がいいです。質問は「ありますか」ではなく、「ございますか」という聞き方をすることが一般的とされているので、この言葉を知っていれば失敗しません。「ございます」くらいなら、使ったことがあるかも知れないので、使い方に失敗することもさほどありません。

「ございます」の敬語が使える社員は常識人

「ございます」という言葉が、すぐに出てくるくらいの社員になっていれば、それなりに敬語の基礎が出来ていると判断されるようになります。敬語の使い方を知っているかも分かってしまうので、この言葉は覚えて使えるようにしてください。「ありますか」とそのまま言ってしまうのは、良くないことで失礼なのです。

「ありますか」のもう一つの敬語は「おありになる」

「ありますか」の敬語については、「おありになる」という言葉に置き換えることができるため、「ございます」という言葉だけではありません。「おありになりますか」という形で利用することとなりますが、「ございます」が一般的なのです。もし「おありになる」を利用する場合は、余程目上の人を相手にする時に使ってください。

「ございます」と「おありになる」は二つとも敬語で使える

「ございます」と「おありになる」は、「ありますか」の敬語として利用できますので、どちらを利用しても特に問題はありません。出来れば「ございます」で統一するようにしつつ、社長クラスの方と話をする場合は、「あおりになる」を利用するようにするといいです。立場で言葉づかいを変えることも重要となりますので、敬語の使い方には十分注意しましょう。

「ありますか」は敬語に置き換えて正しい言葉を目上の人に使う

「ありますか」という言葉は、敬語に置き換えて利用しましょう。「ございます」という言葉は、失礼に感じることはありませんし、一般的な敬語の知識を持っていると判断されます。社長のような相当目上の方に対しては、「ありますか」を「おありになりますか」に置き換え、敬語を利用するといいです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス