新年の抱負の例文【前年を振り返る】

挨拶

前年の成功の原因を分析する

Gf01a201503240600

新年の抱負を作成する際には、前年の成功の原因を分析しましょう。成功したことは、控えめになり過ぎず、きちんと自己評価することが大切です。前年の仕事を振り返り、会社の業績向上に貢献し、自分自身の成長にもつながったものを取り上げましょう。そのうえで、なぜそのようにうまく行ったのか「成功の原因を分析」しましょう。それがわかれば、新年でも同様に生かせるはずです。

新年の抱負の例文①:成功を活かした目標

新年の抱負を考える場合、例えば、営業担当者の場合、次のような内容でまとめるとよいでしょう。

「昨年はA社向けのサービス導入が決定しました。これにより、前期売上目標の7割を達成でき、自分も顧客との交渉スキルが向上しました。これは、上司や関連部署との緊密な連携により、顧客のニーズを漏らさずフォローできたことが原因です。」

といった内容です。新年の抱負を考える場合、このような例文を参考にしながら、新年の抱負の一部を作成しましょう。

前年の失敗の原因を分析し問題点をつかもう

新年の抱負を作成するうえでは、前年の失敗の原因を分析し、問題点を把握しておくことも忘れてはなりません。失敗は謙虚に反省し、同じ過ちを犯さないことが大切です。前年の仕事の中で、会社や自分にとって致命的だったと思えるものをピックアップしましょう。そのうえで、なぜうまく行かなかったのか、それによりどんな悪影響が生じたのか「失敗の原因を分析し問題点を把握」しましょう。それを明らかにして、新年の教訓とする必要があるのです。

新年の抱負の例文②:失敗を活かした目標

新年の抱負を考える場合、これも営業担当者の場合で考え、次のような例文でまとめてみましょう。

「昨年はB社の個人情報を一部流出させてしまいました。これは、新システムへの移行の際に社内の意思疎通がうまく行かなかったことが原因です。これにより、顧客への謝罪や賠償を余儀なくされ、信頼関係を損なわせてしまいました。」

といった内容です。このような例文をもとに、新年の抱負の一部を作成してみてください。

前年の体験を新年の抱負に生かす

上記のように、前年の成功と失敗の体験をふまえて、新年の抱負を完成させましょう。それらの体験の原因や問題点をもとに、新年はどうすべきかを明らかにしましょう。まず成功の原因を分析し、それを新年でも生かすことを考えます。一方で、失敗の原因を分析し、問題点を明らかにしたら、それを反省して新年では対策を実行するようにします。このように「前年の体験を新年に生かす」という内容で、新年の抱負をまとめましょう。

新年の抱負の例文③:体験を活かした目標

これまでと同じく、営業担当者の場合を考え、次のような例文があります。

「引き続き、社内の連携を緊密にしながら、A社以外の顧客にもサービス導入を提案していきます。一方で、システムや制度の変更の際には、起こりうるリスクを洗い出し、担当者間での連絡を怠らないようにします。いずれにせよ、前年の貴重な体験を新年に必ず生かします。」

といった内容です。こうした例文を参考にしながら、新年の抱負をうまくまとめましょう。

新年の抱負は例文を参考に前年の成功・失敗談を活かして構成すると良い

前年を振り返った新年の抱負の例文について紹介しました。新年の抱負を作成するうえでは、押さえるべきポイントがあります。前年の成功の原因を分析し、一方で前年の失敗の原因を分析して問題点を洗い出し、それらを新年の仕事に生かす、というものです。これまで取り上げた例文を参考にしながら、説得力と意欲の伝わる内容にしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス