紹介の挨拶をする順番のビジネスマナー

挨拶

紹介の挨拶における基本的な順番やマナーとは

Apple 606761 1280

紹介の挨拶をする時の基本的なマナーについてお教えします。

ビジネスシーンにおいて、色んな場面でマナーが存在しますが、もちろん、紹介する時にもあります。挨拶時の紹介の順番に関する基本のビジネスマナーと注意点を紹介しますので、しっかり今後のためにおさえておきましょう。

はじめに身内の人間を「敬意を示すべき相手」に紹介する

初対面同士を引き合わせる場合、紹介の順番があります。

まずは身内を相手に対して紹介します。そして次に相手方を身内に紹介していきます。紹介の挨拶をする順番として「敬意を示すべき人の紹介後にする」という考え方があります。この基本的な順番を守ってさえいれば、恥ずかしい思いをすることはないでしょう。

会議や商談で自社の社員を取引先に紹介する場合は?

先ほどは、基本的な挨拶に関して紹介しました。

自社の人を他社の人に紹介する場合は、マナーが違うのでしょうか。ビジネスシーンでは、会議や商談、打合せやプレゼンなど、社外の人と接する機会が多いですよね。そこで、自社の社員を他社の社員に紹介する場合の注意点・順番を見ていきましょう。

自社の人を先に紹介をするのが通常のマナー

ビジネスでの紹介は、目下の方が先にするというルールがありますよね。客先と自社でしたら、自社の方が先に紹介をするという事になるのです。

例えば、お得意先のお客様が訪問した時は、「自分の上司から紹介」しましょう。 いくら上司が社長であったとしても「大切なのはお客様」です。それゆえに、社長よりも優先するのが一般的なビジネスマナーです。

取引先同士を紹介する時は特殊なマナーが必要

もちろん、ビジネスにおいて上記以外の場面で挨拶と紹介をしないといけない場面というのは、多数あります。特殊な人物紹介なのが、取引先と取引先を紹介しあう場合です。そこで次は、上記以外の特殊な紹介に関する気をつけるべき注意点を紹介しますので見ていきましょう。

特殊な順番マナー①:密接な会社を先に紹介

1024 cc library010001397

会議や商談が大規模なものになると、複数企業が携わるケースも珍しくありません。その際、一般的なビジネスマナーを知らないと、どちらから紹介するべきか、順番に悩むでしょう。

順番としては密接な関係にある会社を先に紹介しましょう。どちらとも言えないような場合は会社の格(社格)等で判断してください。

特殊な順番マナー②:1人と複数の場合は1人を先に紹介

「1人と複数」のときは、1人を先に紹介してください。そして地位の高い人から複数挨拶と紹介するのが基本的な流れです。「紹介してください」と頼まれた時には、その人から先に紹介しましょう。

会議や商談での紹介の挨拶は順番が大事!敬意を示すべき人に対して先に名乗るのがビジネスマナー

挨拶をする際に紹介する順番のビジネスマナーについて紹介しましたが、いかがでしたか?

挨拶をする順番は、すごく細かいことなので、ここに関しては必要以上に神経を使うところでしょう。しかし、会議や商談で紹介の順番を正しく守るのはとても大切な事です。順番によっては失礼に値する場合もありますので、今回紹介したことに関してはしっかり覚えておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス