故人への敬称における喪主との関係性について

冠婚葬祭

故人への敬称は喪主から見た関係でつける

Bible 138977 640

挨拶をする際や弔電の文書を作成する際には故人に敬称をつけましょう。そのときのルールとして、喪主から見た故人との関係で敬称をつけるべきです。たとえば喪主の父が亡くなった場合にはご尊父様と呼びましょう。あるいは父上様やお父様でも良いです。喪主の母の場合はご母堂様やお母様です。事前に調べておくと良いでしょう。

喪主がわからない場合は故○○様と呼ぶ

喪主がわからないケースがあります。その際には喪主を調べることはもちろん大切なのですが、それ以外にも故○○様と呼ぶ方法があります。これは誰に対しても用いることができるため応用範囲の広い敬称となります。困ったときにはこの呼び方を心掛けると良いでしょう。敬称をつけることは絶対守りましょう。マナーとなります。

個人への敬称は相手に失礼がないように慎重に考える

故人に対してどのような敬称をつければいいのかはややこしいです。そのため勘違いされる方もいます。きちんと事前に正しい呼称を調べておきましょう。使い方を間違えてしまうと、相手に対してとても失礼になってしまうケースもあるのです。どのような敬称であれば失礼がなく、問題のない呼び方となるのかを慎重に考えることが大切です。

身内の場合は自分との関係性で敬称を使えば良い

たとえばあなたの伯父がなくなったとしたら、あなたにとっては伯父様がなくなったことになるため敬称はこれでいいです。受取人である喪主の父親がなくなったという考え方と、あなたにとっての伯父がなくなったという二つの考え方があります。自分の親戚がなくなった場合にはあなたとの関係性で敬称を使えば問題ないでしょう。

会社関係者の不幸の場合は喪主をしっかり確認しよう

たとえば社員の母親が亡くなったとして、その夫、つまり社員の父親が生きているなら、父親が喪主となります。社員が喪主だと勘違いしてしまい、亡くなった母親に対してご母堂様というのはとても失礼です。ご母堂様というのは喪主の母親に対して使う言葉です。喪主が誰なのかを確認することはこのようにとても重要です。失礼にならないように敬称を使いましょう。

社長等の肩書は故人への敬称として使える

もし故人に会長や社長といった肩書があるなら敬称として会長様や社長様という言葉を使うことができます。先生と呼ばれているような人だったなら、先生と呼べばいいでしょう。このような場合は敬称のつけかたを悩んでしまうことはありません。とても楽であり、絶対に失礼にならない敬称の使い方となります。相手の肩書を調べておきましょう。

故人への敬称は基本的には喪主から見た関係でつけるようにしよう

故人への敬称における喪主との関係性についてご紹介いたしました。挨拶や弔電などで故人に敬称を使わなければいけないことがあります。この時にどのような敬称をつければいいのか悩む方は多いです。基本的には喪主との関係を考えればいいです。相手が会長や社長と呼ばれるような存在ならば、故人に対して会長様や社長様という呼び方をしておけば間違いないです。正しい呼び方をしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月6日ビジネス