急ぎの対応を敬語で相手に伝える方法

2016年11月29日敬語

急ぎで対応する状況は仕事で多く訪れる

Lgf01a201501191100

仕事をしていれば、急ぎで対応してほしい用件が出てくることもよくあるでしょう。たとえば、会議の資料なので始まる前に作らなければならない、納期の短い仕事なので急いでやらなければならない、あるいは、打ち合わせがあるのでそれまでに仕事を終わらせなければならない、などです。こういった時には相手に対応してもらうには、急いでいるということを、敬語で正しく伝える必要があります。

急ぎの対応への敬語は相手を尊重した使い方に

急ぎの件について伝えたい場合には、こうしたさまざまな敬語の誤りに注意しておきたいところです。あまり強く言い過ぎてしまうと相手に悪いと思って、丁寧に言い過ぎた結果、うまく伝わらなくなってしまうということもあるかもしれません。要点はきちんと押さえつつも、その中で最大限相手を尊重して敬語を使うということが大切なのです。

急ぎの対応への敬語は「優先して進めていただくことは可能でしょうか?」など

急ぎの仕事をお願いしたい時には、「こちらのお仕事ですが、優先して進めていただくことは可能でしょうか?」というように、問いかけるように言うようにしましょう。「こちらの仕事を早めにやってください」と、ぶっきらぼうな対応だと、相手に不快な思いをさせてしまう可能性があるので気を付けなければなりません。

急ぎの旨をメールで対応する場合は「恐縮ですが、早急にご返信ください」

メールで、急ぎの用件を早く返信をしてほしいということもあるでしょう。そうした時にも、敬語で丁寧に伝える必要があります。「早めに返信してください」というよりも「早急にご返信ください」「○○の都合により、恐縮ですが早めにご連絡いただけますと幸いです」といったように、丁寧な敬語を使った適切な対応で、相手に伝えるように心がけましょう。

急ぎの対応への敬語は二重表現に注意し社内外で使い分けよう

意図せず敬語の使い方を間違っている方も少なくないでしょう。丁寧に言い過ぎてしまった結果、二重の表現になってしまって誤った使い方になってしまう、ということはしばしば見られます。また、社内など身内の人に使う敬語と社外の方に使う敬語では、多少使い方が異なってきます。こうした点も踏まえながら相手に対応した敬語を使っていかなければなりません。特に急ぎの用件への対応ではお互いにイライラしている場合も多く、相手への正しい敬語の使い方がより重要になるのです。

誤った敬語の使い方による対応は避ける

敬語の誤った使い方はさまざまあり、身近でも相手が使っている場合や、自分も無意識的使っているケースが多いものです。たとえば、丁寧に言おうとして、「~のほう」という言いまわしを何回も使ってしまう方もいるでしょう。この「~のほう」という表現は基本的に誤った使い方になっていることがほとんどなので、そのような対応をしていた心当たりのある方は注意しましょう。

急ぎの対応では相手への尊敬の念を込めた正しい敬語で仕事を円滑にしよう

急ぎの仕事がある時は、どうしても「早くしてほしい」という思いが先走り、敬語が雑になってしまうこともあるかもしれません。しかし、急ぎで対応してほしい時こそ、相手の時間のことを尊重してあげなければならないものです。急ぎの時であっても、相手の時間を使わせてもらっているという意識を持ち、丁寧に敬語を使うよう心がけましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日ビジネス

Posted by BiZPARK