推薦状を書いてもらった感謝の気持ちをお礼状で伝える方法

2016年11月29日お礼, 推薦状

推薦状を書いてもらって内定を得た際にはお礼状を送ろう

Writing 828911 1280

あの推薦状があったから合格できた・内定できた!という時には、ぜひお礼状を書いて送りましょう。ハガキでも便箋でも構わないでしょうが、丁寧な文面を心がけたいものです。「このたびは推薦状を書いていただいてどうもありがとうございました。先生はお忙しいのにこちらから無理なお願いをしたにも関わらず、迅速に推薦状を作成していただいて感謝しております。おかげ様で第一志望であった〇〇商事に内定を頂くことができました。これもひとえに先生に書いていただいた推薦状の力であると信じております」など。

お礼状では感謝の気持ちを表そう

お礼状には「これからも先生のご指導をいただけますようお願い申し上げます」と書き加えるのもよいでしょう。“あの推薦状のおかげで難関を突破できて深く感謝している”気持ちがダイレクトに伝わることを目指しましょう。

推薦状のお礼状の文面を工夫しよう

推薦状のお礼状をはがきで出す場合は、普通の官製はがきではなく、できれば文房具店で売っているような高級和紙のはがきに万年筆の黒で丁寧に記入するようにします。「○○先生 ご多忙中にも関わらず、快く推薦をしていただいて、また早々と推薦状を送ってきていただきましてどうもありがとうございました。おかげ様で〇〇大学の〇〇学部の推薦枠に合格を果たすことができました」という風に感謝の気持ちを素直に伝えましょう。

推薦状を書いてもらった人と関係を継続させていきたいなら今後の抱負も書こう

字が汚い人でも時間をかけて丁寧に書けば感謝が伝わるでしょう。あなたがこの推薦状を書いていただいている〇〇先生とずっと人脈を保っていたいと考えているのなら、入社後の抱負に加えて、「今後もどうぞご指導のほどをよろしくお願い申し上げます」と書き添えます。

推薦状のお礼を電子メールで感謝の気持ちを伝えるのは難しい

「電子メール」で推薦状のお礼状を出す人もいるかもしれませんが、メールは手軽であるだけに『心からの感謝の念がしっくり伝わらない』という致命的な欠点があります。通常は相手が開封したかどうか、も確認できませんし、それこそ『コピペお礼状』になってしまうのなら感謝の気持ちは伝わらないので考え直しましょう。

文章によっては感謝の気持ちは伝わる

しかし電子メールのお礼状であっても、(推薦状を書いていただいた)感謝を伝えないよりはずっとましだとも言えます。文章に“この先生の推薦状だからこそ○○だった”とか「〇〇先生だからこそこのようにうまく首尾が運んだ、この先生とは今後もずっとご指導を賜りたい」という個人的な温かい感謝の念が文章だけで伝わることを目指しましょう。電子メールだからこそ気合いを入れて文章を練りましょう。

推薦状のお礼状では感謝の気持ちを相手に伝えるにはできれば手書きで文章が大事

推薦状を人から頼まれて作成するのはかなりの手間です。社会的に地位のある人が頼まれがちですがこういう人はえてして忙しいものです。お礼をしたためるのなら多忙な相手が自分のために時間をとって尽力してくれた点を忘れないようにしたいものです。ですので、推薦状のお礼状はできれば手書きで文章を書いて、しっかりと感謝が伝わるような文章を書きましょう。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日転職

Posted by BiZPARK