「ありません」をビジネスで使うときの敬語について

敬語

敬語を使えないビジネスマンが多い

Cc library010009868

メールやSNSなど気軽に会話ができるコミュニケーションツールが発展していくなかで相手の立場にたってモノを考えることがハードな時代になってきています。友達との会話ではOKな言葉の使い方であっても、会議や打ち合わせなどで使うビジネス敬語としてはNGな表現はたくさんあります。言葉の使い方を丁寧におこなうことによって、目上のクライアントや上司からも評価の高いビジネスパーソンを生み出してくれます。

ビジネスの際の敬語は日頃から見直そう

周囲からの評価の高い人材を目指すためには「ありません」「すみません」「いいえ」などの言葉を、的確に敬語に直して使うことが大切です。「ありません」「すみません」「いいえ」などの言葉は日本語として間違ってはいませんが、フォーマルなビジネスの席では使いません。多くの人が出席する打ち合わせ時こそ、「ありません」などのセンテンスの使い方に気を配りましょう。

「ありません」の敬語は「ございません」

よく使われる「ありません」との敬語は「ございません」になります。「ありません」では、少し突っぱねた言い方になってしまいますが「ございません」を使うことによって、相手を重んじる丁寧な表現の敬語になります。ちなみに「すみません」の敬語は「申し訳ございません」です。聞こえがよいフォーマルな言葉をビジネスで使うことによって、印象がグッと変わります。

ビジネスで正しい敬語を使うとスマートな印象

日本語としても、よく使われる「ありません」という表現。そのままでは失礼な印象を与えてしまうため、ビジネスの打ち合わせやミーティングの席では「ございません」という敬語を使って柔らかい表現に直して使うことが大切です。肯定的な表現の「あります」の敬語「ございます」と併せて、スマートで落ち着いた印象を与える印象づくりを心掛けていきましょう。

「ありません」はビジネス相手に不快な印象を与える

ビジネスの打ち合わせでは、メールなどと違い言葉のキャッチボールをシッカリおこなう事が大切です。またビジネス相手に不快な印象を与えないためにも、「ありません」ではなく「ございません」などの敬語を適切に用いて、スムーズなビジネスマナーを身につける姿勢が重要です。

正しい敬語はワンランク上のビジネスにつながる

敬語は言葉のマジックです。相手の気持ちを尊重していることを、シンプルに相手に伝えるメッセージになります。「ありません」の敬語「ございません」はひとつ知っておくことによって、打ち合わせだけではなく、幅広いシチュエーションで使うことができます。ワンランク上の言葉をしっかり使うことによって、成功へのステップを踏み出すことができます。

「ありません」の敬語は「ございません」なので正しい言葉をビジネスで使う

丁寧な言葉としてよく使われる「ありません」についてでした。ミーティングなどビジネスの席では「ありません」は残念ながら、ビジネスで相応しい表現ではありません。敬語でもある「ございません」を適切に使うことによって、ワンランク上の敬語を操ることができます。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月30日ビジネス