個人事業主の名刺作成のポイントと「代表」の表記法

個人事業

個人事業主は名刺の肩書を「代表」にしよう

%e5%90%8d%e5%88%ba%e5%85%a5%e3%82%8c

独立して事業活動をしようと思った時に大事なのが自分の肩書きです。肩書きを示すものとして、名刺を作るのがよいでしょう。

そして、個人事業主が名刺に書く肩書きとしては、「代表」が適切であるといえます。「取締役」は不適切です。

個人事業主では「○○プランナー」や「○○SE」という名刺の肩書きも

「代表」の他にも、「代表者」といった言い方もあります。また、技術的な側面が大きい事業である場合は「代表」よりも具体的にして、「○○プランナー」や「○○SE」、「○○デザイナー」などといった肩書きもよいかもしれません。「代表」よりも具体的な肩書きを名刺にいれることで、名刺を受け取った側に自分の仕事を理解してもらいやすくなるでしょう。場合によっては「代表」を避け「店長」などを選ぶことで、親近感が湧く肩書きにするのも有効です。

個人事業主の「代表」の英語表記は「President」などを

また、個人事業主の名刺としても、英語表記が必要になる場合があるかもしれません。そういった場合は「代表」を表すものとして、「President」や「Owner」、「Proprietor」がよいでしょう。単に「代表」という言葉を英語にしたのではなく、英語圏のビジネスシーンの文化に合わせて考える必要があるからです。同じ英語圏でも、国によって文化が違う可能性がありますから、注意しなければなりません。

個人事業主の名刺に英語を入れる効果も

国内で使う名刺であっても、部分的に英語を取り入れることは有効といえます。近年のビジネスシーンには、英語が盛んに取り入れられています。もしかしたら、英語圏のネイティブの方に名刺を渡すこともあるかもしれません。名刺に英語も取り入れることで、グローバルなイメージをアピールできるでしょう。

個人事業主の名刺はオリジナリティを取り入れよう

上記で紹介してきたように、個人事業主の肩書きの書き方には、様々な表現方法があります。それは、一般的な会社のように役職や部署がほとんどないからです。

個人事業主として事業を行っていくためには、取引先に自分を選んでもらう必要があります。そのため、名刺にもオリジナリティを盛り込み、目を引くようにしましょう。ロゴマークを入れたり、書体に凝ったりしてみてください。用紙が白である必要もありません。

個人事業主の名刺としての必要最低限はしっかり押さえる

目立たせる工夫が大事とはいえ、名刺としての機能はしっかり果たすものでなければなりません。個人事業主としての名前や屋号はしっかり記入しましょう。もちろん、個人事業主としての連絡先も忘れないようにしてください。

また、いくらデザインに凝るとは言っても、サイズが違って名刺入れに入らないなんてことはやめましょう。最低限のルールを守ることはビジネスマナーの基本です。

個人事業主の名刺の肩書きは「代表」にしてデザインにも気を払おう

個人事業主としては、名刺の肩書きは「代表」が良いでしょう。英語にする場合は、「President」などが適切です。他にも「○○デザイナー」や「店長」など、個人事業主であるからこそ様々な書き方が可能です。

個人事業主にとって名刺は、自分を選んでもらうために非常に重要なものです。そのため、デザインにも凝り、目を引くものにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年7月7日転職