個人事業主と契約社員の雇用における違いについて

個人事業, 契約社員

個人事業主は雇用契約を結ばないので制約がない

Lgf01a201501142000

個人事業主にはどういったメリットがあるのでしょうか。フリーランスなどの個人事業主と契約社員とは違い、雇用契約を結ばないので、色々な制約がないメリットがあります。まず第一に、雇用契約を結んでいないので会社の就業規則などに縛られることなく、いつからいつまで仕事をするのかも自分自身で決定できます。

自分で選んだ仕事で収入を好きなようにコントロールできるメリットもある

さらに、どういった仕事をするのか、どういった環境下で仕事をするのかなども自分自身で決定できるメリットがあります。また、個人事業主は契約社員などとは違って、会社の評価制度や上司の評価などで収入が決定されず。自分自身で選んだ仕事で自分の収入を好きなようにコントロールできるメリットもあります。働き方もさまざまで、在宅で働く人や、ITサービスを利用して仕事をしている人、企業と業務委託契約を結んで仕事をしている人など、色々います。

契約社員は労働基準法が適応されるので失業保険の対象になる

また、個人事業主と契約社員とでは雇用関係での違いもあります。個人事業主と契約社員の大きな違いというのは、雇用関係の有無です。契約社員は事業主と雇用契約を結んでおり、労働基準法の適用があります。例えば、労働時間を制限されたり、有給休暇が与えられるなどです。また、雇用保険に加入できるので、条件さえ満たしていれば、失業した際に失業保険が貰えるメリットがあります。また、社会保険に加入するので、保険や年金保険料の半分を会社が負担してくれるメリットもあります。

個人事業主より色々な面で優遇されるメリットがある

このように、契約社員の方が個人事業主よりかなり色々な面で優遇されます。個人事業主は雇用関係上では恩恵がありませんが、収入面では契約社員と比べた場合、個人事業主の方が多いようです。この理由は、企業コストやリスクが少ないということからでしょう。

給与面では契約社員より個人事業主の方が多く貰える場合がある

さらに、雇用契約を結んでいる契約社員の場合には、給与から税金や社会保険料などを引かれた金額が給与となりますが、個人事業主の場合には税金や保険料などは、売り上げから経費を引いた後の所得から計算するので、経費が多ければ手元に入ってくる金額が契約社員より多くなる場合が多いです。

個人事業主はライフスタイルに合わせた働き方ができる

次にフリーランスなどの個人事業主と契約社員との大きな違いとは、働き方の違いです。契約社員の場合は、毎日会社に行って仕事をする必要があります。フリーランスのような個人事業主の人は、中には毎日会社に出社する人もいますが、在宅で仕事をすることもできますし、ネットショップなどを経営している個人事業主の人であれば、一日数時間の仕事量の人もいます。こういった、ライフスタイルに合わせた働き方ができるのが個人事業主のメリットだと言えるでしょう。

個人事業主と契約社員は雇用契約の有無により待遇や優遇の違いがある

このように、個人事業主と契約社員とでは、雇用形態や働き方に大きな違いがあることがお分かりになって頂けましたでしょうか。契約社員は雇用契約を結んでいるので色々と守られている面もありますが、収入面ではフリーランスなどの個人事業主の方が多いことがほとんどです。なので、どちらが得かとは一概に言えません。自分に合った働き方を選びましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職