ビジネス実務法務検定を受ける人にオススメの参考書3選

ビジネス実務法務検定

ビジネス実務法務検定とは?

C

ビジネス実務法務検定は、仕事の場において身に付けておきたい法律の知識が問われる検定です。営業や総務、または人事などの仕事に関して、企業内における幅広い範囲での法律知識が必要となります。この検定の勉強をすれば仕事上でのトラブルを事前回避することも可能ですし、キャリアアップにも繋げられるでしょう。1~3級までありますので、自分に適したレベルを受験することが大切です。そんなビジネス実務法務検定の勉強の際に、所持しておきたい参考書をご紹介します。

参考書①:ビジネス実務法務検定試験 公式テキスト

ビジネス実務法務検定試験を主催する東京商工会議所では、公式テキストと問題集を販売しています。その年に合わせたテキストを毎年発売するので、最も新しい情報を基にして勉強に取り組めるでしょう。章ごとに分かれていますので、自分の得意分野や不得意分野を把握して、集中的に取り組むことも可能です。東京商工会議所の検定試験情報サイトで販売しておりますので、受験を考えている方はぜひ購入してみてください。

参考書②:法務教科書 ビジネス実務法務検定試験 完全合格テキスト

2つ目にご紹介するのが、法務教科書 ビジネス実務法務検定試験 完全合格テキストです。解説もしっかりとついている上に、出題傾向や学習方法についての説明も記載されているテキストになります。そのため理解がしやすく、まさに検定勉強で向いている1冊だといえるでしょう。法改正にもしっかりと対応しており確認問題もあるので、問題集を持っていなくても活用できます。

参考書③:ビジネス実務法務検定試験 一問一答集

最後に、ビジネス実務法務検定試験 一問一答がオススメです。これは生涯学習のユーキャンが販売しているテキストで、600問の○✕問題から成り立っている本となります。問題と解説が見開きで確認できるので、最終確認としての学習に向いているでしょう。一問一答なので少し空いた時間などでも活用できますし、重要項目は別ページでまとめられていますので、コンパクトで扱いやすいのが特徴です。勉強終わりにやるだけでも実力がつく、優れた一冊といえます。

自分に合った参考書を見つけてビジネス実務法務検定の勉強をしよう

以上、ビジネス実務法務検定を受ける人にオススメの参考書3選をご紹介しました。中でも、東京商工会議所の販売する公式テキストは、多くの受験者に利用されている参考書です。公式が販売しているものですので、実際の試験で勉強内容との相違を感じにくい点などが理由でしょう。参考書だけでなく公式問題集も販売していますので、どちらも購入すると勉強がより捗りやすくなります。他にも様々な参考書がありますので、自分に合ったものを探して、ビジネス実務法務検定の勉強に臨んでください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年7月7日ビジネス