給与遅延について会社側も従業員も知っておくべきこと

正社員

給与遅延は会社の経営者として絶対にやってはならないこと

Blogging 336376 640

給与の支払いは会社の経営者であれば、絶対にやっておかなければならない事であり、お金の問題は自分の問題ではないと言う意識を持つ必要があります。支払いを済ませば、働いている人も安心できます。あなたがもし経営者なら、給与遅延は絶対にやってはいけない事として認知しておきましょう。

給与遅延が原因で従業員が退職してしまう可能性も

色々な会社がある中で、給与遅延が何ヶ月も連続で起こった場合、最後には従業員が辞めてしまう可能性もあります。当然、給料は生活に関わっているので当然ですね。会社の存続にも関わる問題になりますので、給与遅延は経営者として絶対にやってはいけないことのひとつです。次に従業員からの視点に立って書いていきます。

給与遅延が原因で従業員が退職してしまう可能性も

色々な会社がある中で、給与遅延が何ヶ月も連続で起こった場合、最後には従業員が辞めてしまう可能性もあります。当然、給料は生活に関わっているので当然ですね。会社の存続にも関わる問題になりますので、給与遅延は経営者として絶対にやってはいけないことのひとつです。次に従業員からの視点に立って書いていきます。

従業員は給与遅延があったら残業代を確認すること

給与遅延が連続で起こった場合や、長期間先延ばしされる場合、従業員は自分の残業代を確認する事が大切です。普通は会社が管理していてくれると思うので、知らない間に残業代が削除されている事もあります。自分の勤めている会社なので、ある程度は信用すると言う事からこの様な事が起こります。残業代に関しては、従業員が自分でしかるべき所に相談すると問題を解決する事が出来ます。残業代の削除はなかなか自分では把握し切れていない部分もあり、普通に生活していると残業時間を忘れてしまう事は仕方のない事です。

給与遅延が連続する場合は退職も考えよう

あまりにも給与遅延が長引く場合は、従業員の方は退職もやむをえません。給与遅延を理由として退職する場合は、就業規定を気にする必要はなく、民法で定められた退職を伝える時期について意識する事が大事です。また、最悪の事も考えて会社に説明をして貰うか雰囲気が悪くなる事を考えて、退職金を最優先で貰うのが大事です。

従業員は給与遅延が起きていても退職金を受け取ることができる

退職金は給与遅延が起きているのに不可能ではないかと言う疑問もあるかも知れませんが、会社とは違うところから出るお金があります。これを確実に貰うために早めに辞める必要があります。人生を新しくするためにその会社を切ると言うのも一つの手です。自分の人生の行き先を考えて給与遅延を真剣に捉える事が重要です。

給与遅延は会社としてやってはならないことなので従業員は監督署に相談しよう

ここまで、給与遅延について会社側も従業員も知っておくべきことを紹介してきました。給与遅延がある会社は業績が悪いなど複雑な状況にある可能性がありますが、いずれにせよあってはならないことです。従業員は、給与遅延が何ヶ月も起こっているなら監督署などに届けるのも良い方法です。給与が遅れると言うのは絶対にやってはいけない事に入ります。きちんと相談する場所もあるので、民法の規定を考えて退職金などを確実に貰っておくのも悪くない選択です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職