急がせる要求にも敬語を使う理由とは

敬語

急がせる要求にも相手への気遣いを忘れない

1024 cc library010001397

仕事は相手との関係を良好にするほどスムーズにいきやすいものです。なぜかというと、取引先に選んでもらえたり好待遇をしてもらうためには、もちろん仕事面での成果も大切ですが、それ以上に人間性が問われるのです。そのため少しくらい仕事ができなかったとしても、相手としては自分が接するのになるべく感じのいい方を選びがちになります。たとえ、急がせる要求だとしても正しい敬語を使っていきたいものです。

敬語で人間関係を円滑にしよう

しかしそうはいっても仕事ではいい顔ばかりしていられないのも、要求が多いので事実です。なぜかというと、会社にはいつでも急がせることを求められて、スピードアップこそ生産性だという考え方が根強いからです。そのため時と場合によっては心を鬼にして急がせることをさせないといけません。しかしそういう申し出を柔らかくするためには、丁寧な敬語で改善要求をすることが相手との信頼関係を壊さないために大切なのです。

敬語と丁寧語の違いは気遣い方

目上の相手に対して物事を早急に要求を押し進めるため、つまり、急がせるためには、どういう敬語を使ったらよいでしょうか。若い世代ほど敬語の使い方に不慣れでいつもの会話のように、「早くしてください」のような上から目線の言葉で相手の機嫌を損ねないようにするためには、まず敬語と丁寧語の違いから知るのが大切です。丁寧語は「ください」、「です」のような言葉、敬語は目上の相手を気遣う言葉なのです。急がせる要求をする際は特に敬語に気をつけましょう。

要求はお願いする気持ちを前面に出す

それでは急がせることを敬語に直すとしたら、お急がして申し訳ありませんなどがシンプルで活用度が高いでしょう。これはオフィスなどでの対面の相手でも、あるいは文章やメールなどの文面でもおかしくありませんし、言いたいことを素直に言っていながら敬語として、申し訳ありませんとへりくだりがあります。

急がせる要求は敬語を使って柔らかい表現にする

しかし、もし頻繁に急がせるようなことをしなくてはいけない相手には、忙しい中申し訳ありません以外にも敬語のバリエーションがあると豊かです。もちろん毎回同じ言葉を使用していても問題はありません。しかし言葉遣いのうまさは教養の深さに感じ取られることもあります。そのため多くの急がせるための敬語のバリエーションがあれば、相手に自分の思いが伝わりやすいのです。以下が例文になります。

◆御用立てして申し訳ありません。

◆忙しい中申し訳ありません。

◆お急ぎ立てして申し訳ありません。

信頼関係を壊さないために敬語を利用する

そのほかには、ご多忙とは存じますがお急ぎ願えませんか、お取込み中申し訳ございません、など相手の忙しさに気遣いをみせたり、誠に恐縮ですが、と改まることをしたりと、言葉遣いだけでずいぶん同じ敬語でも印象が変わるものです。もちろん何度も何度も急がせる相手によっては時に厳しい口調で言わないこともあるでしょう。しかしながら一度壊した信頼関係を修復するのは厄介で、そうならないための敬語なのです。

急がせる要求にも正しい敬語を使うのは信頼を壊さないため

目上の相手を急がせるのは、敬語の間違えた使い方により信頼関係を悪化させてしまうこともあります。そのためこちらから要求や改善を求めるときには、できるだけ丁寧な言い回しの敬語が求められるのです。「お急ぎ立てして申し訳ありません」など急がせる言葉遣いだけでなく、「誠に恐縮ですが」など改まった言い方をすることで相手が快く応じてくれることが増えます。急がせる場面だからこそ、敬語を使いましょう。急がせる場合でも相手への思いやりが大切になります。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス