ケチな上司は悪印象?飲み会で株を上げるお金の出し方3例

飲み会

ケチな上司は嫌われる?

Beer 375974 640

会社の飲み会で上司が部下の分までお金を払ってくれると「気前が良いな」「さすが上司!」「格好良い!」と思うもの。

部下からしたら、普段一生懸命仕事に取り組んでいる甲斐があるというものです。逆に、1円単位で割り勘にされるとガッカリします。上司として、やはり少しくらい多めに出して欲しいと思うのが、部下の本音のようです。

割り勘やケチな上司には部下は協力しない

上司や管理職は通常の給料から給与以外に役職手当などを貰っています。

沢山貰っているはずの上司からきっちり割り勘されると、ケチな上司や管理職だと思われる可能性が高いのです。

きっちり割り勘にする、ケチな上司には部下は協力しません。

ケチな上司は度量が狭いと思われる

全て奢れというわけではありませんが、平社員、しかも若手社員よりも少し多く払うくらいの気持ちがないというのは、上司として度量が狭いと思われます。ここでは、お金に拘っているわけではなく、あくまで、余分にお金を払うといった気持ちが重要なのです。

半数以上の若手社員が上司や先輩が多く支払うと思っている

とある調査では、1~3年目の若手社員の半数以上が「上司や先輩が多めに支払う」と思っていると結果も出ています。後輩との飲み会では、上司なら、最低でも多めに支払った方がいいという部分が、結果から伺えます。

割り勘派の上司ももちろんいる

048

たくさん給料をもらっている上司とはいえ、このご時世、家族を養うのは大変だということはみんなわかっているはずです。

そのような理由もあって、本当はお金を出した方がいいのだけれど、「上司だからといって無理をしたくない」という人たちも一定数いるようです。

上司から奢られるのが好きではない部下もいる?

上司から奢ってもらうのが好きではないといった意見もありました。奢られるのが好きではない、という人もいるのが現状です。

奢られると、客観的に施しを受けた貧乏人のような気持ちになってしまう理由から、上司に対しても奢られたくないようです。上司が必ず奢らないといけない。多めにお金を出さないといけないという事ではないです。

そこは、ケースバイケースのようですので、上司として臨機応変に対応すべきでしょう。

部下からの株が上がる!上司の飲み会でのお金の出し方

たかが部下との飲み会のお金の出し方、されど飲み会のお金の出し方。

ケチだと思われるのは嫌で、割り勘もできればしたくないといったように、悩める上司は多いようです。そこで、部下に尊敬してもらえる、飲み会でのお金の出し方を紹介します。

Ryukyu glass 738800 640

お金の出し方例①年下に奢りなさい

上司との飲み会でお金を払おうとすると

「そのお金であなたより年下の人に奢りなさい」と言われた部下がいたそうです。

そのように言える先輩は尊敬しますよね。

お金の出し方例②お金を払わせることは事前に伝える

さすがに、部下との飲み会で最初から割り勘では「部長の方が倍も給料もらっているくせに」と部下に思われ、株を大きく落とすに違いありません。そういう時には、自腹を切る金額は1,000円でも2,000円でもいいでしょう。

ただし、お金を払わせることは事前に知らせておいた方が良いでしょう。

お金の出し方例③全額ではなく1,000円だけ払わせる

飲み会では、先に支払いを済ませておくか、かっこいい声のかけ方もあるのでしょうが、一般的に上手くいくのが「全額奢るより、1,000円だけ払わせる」といった方法です。

後輩や部下は奢られているのですが、自分も支払ったという事実がストレスを軽減させ、一度しまった財布を引っ込めるといったカッコ悪さもなくなります。

飲み会でケチと思われないお金の払い方は「全額奢るのではなく1,000円だけ支払わせる」といった方法が良い!

上司が飲み会で部下の分もお金を出してくれると、株が上がるようです。

逆に割り勘ばかりだと、ケチな上司だと思われて、仕事に影響が出ることも考えられます。全額負担はきついという場合は、大目に出すなどしてみてはどうでしょうか。部下も感謝の気持ちを抱き、また仕事を頑張ろうと思うはずです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス