コピーは不可?確定申告で知っておくべき源泉徴収票の事実

源泉徴収票, 確定申告

源泉徴収票は原本でないと提出を受け付けてもらえないので気を付けよう

Printer 790396 640

確定申告で提出することとなる書類の一つに源泉徴収票があります。源泉徴収票は毎年会社勤めの人は会社から発行されますが、確定申告では源泉徴収票を提出する場合は、コピーではなく原本で無ければ受け付けてもらうことが出来ません。

源泉徴収票は身分確認にもなり得る書類

注意しなければいけないのは、健康保険証や免許証といった身分確認に使用することが出来る書面と同様に、源泉徴収票も本人を確認することができる書類になり得る公的文書なので、たとえコピーをとったとしても源泉徴収票の効果はないということです。せっかく確定申告にいっても源泉徴収票のコピーを持参していたのでは書類の不備ということで受け付けてもらえず再度自宅にとりに戻らないといけないといった自体にもなりかねないので、コピーではなく原本を間違わず持参することが大切です。

源泉徴収票は複数枚発行してもらえることを覚えておこう

源泉徴収票はコピーだと提出が受け付けてもらえないとお伝えしましたが、確定申告の時期に、源泉徴収票を他の事務作業に使用するという場合も十分に想定されます。自動車のローンを利用する際などには、源泉徴収票の提出を求められることがあるので、そのような場合にも源泉徴収票の原本が必要になります。この場合もコピーではなく原本を提出しましょう。

コピーではなく原本を複数枚発行して確定申告に備えておこう

らうことが出来るということです。会社などでは通常は1枚しか発行されませんが、確定申告の時期に複数の提出先が重なってしまった場合には、コピーでは受け付けてもらえないので、必ず源泉徴収票を複数枚発行してもらうことが大切と言えます。複数枚発行してもらっておけば、いづれも原本として扱えるので、コピーを提出して受領を拒否されるといった自体をあらかじめ防止することが出来るのでとても便利といえます。

確定申告の準備は早めに行っておこう

確定申告は毎年、申告できる期間が定められているので、その期間内に申告をしなければいけません。ですから、源泉徴収票を少しでも早い段階で手に入れておくことも重要で、会社からは早めに発行してもらうように事務担当者に働きかけておくことも大切です。まして、源泉徴収票の原本が複数枚いる場合などにも早い段階で、事務担当者へ連絡を入れておくことも重要です。

誤って源泉徴収票のコピーを使用しないように気を付けよう

会社員であれば、年末調整は会社がやってくれて、確定申告をする必要がある場合は、早い段階から予測できるので、十分に時間的余裕を確保してコピーではなく源泉徴収票の原本を発行してもらうことがベストです。確定申告に不慣れであれば書類作成や関係書類の収集にも時間がかかってしまい、誤ってコピーを使用してしまう危険性もあるので、少しでも早く1つ1つの処理を終わらしていくことが大切です。

確定申告では源泉徴収票のコピーは受け付けられないで必ず原本を早めに準備しておこう

源泉徴収票は公的な書類なので、確定申告などの源泉徴収票を提出する必要がある場合はコピーは証明力がなく、原本が必要だということをしっかりと認識することが重要です。確定申告をする時には、源泉徴収票の原本を忘れずに持参して、間違っても誤ってコピーで申請することがないように注意して、適正に確定申告を行うことが必要です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス