マインドマップで思考力をUPする書き方のコツ

2016年11月25日マインドマップ, 思考力

そもそもマインドマップって何?

まずはマインドマップがどういったものであるのかを理解しましょう。マインドマップは、イギリスの著述家であるトニー・ブザンが提唱した『自分の考えを絵で整理する表現方法』とされています。ビジネスシーンで広く有効的に活用されており、今後もマインドマップの重要性が高まると予想されているようです。

マインドマップは『思考のアウトプット』

マインドマップとは、私たちの頭の中で行われていることを目に見える形にアウトプットし、記憶・整理・発想などをしやすくするための思考ツールです。自分の頭の中の情報を”見える化”することにより、「解決策を見つけだす」「結果を実現していく」などのアクションが非常に行いやすくなってきます。

例えば、人は計算をするとき、紙とペンを使って計算式を組み立てていきますよね?多くの数字を”見える化”することによって、より多くの桁数を正確に計算することができます。マインドマップも、これと同様の思考プロセスなのです。頭の中で起こっていることを外面化することで、思考空間を広げていくことが可能となるのです。

思考の幅を広げ『最良の結果』を導き出す

思考空間を広げることで、結果どのような効果を得ることができると思いますか?

先に記述した「記憶」「整理」「発想」をより豊かにすることはもちろん、『物事を多角的に見る』というプロセスの幅を大きく広げることが可能なのです。頭の中で整理した情報だけでは、物事が閉鎖的になってしまいがちです。一度に思考できる情報量には限界がありますからね。”頭から一度抜け落ちた情報”をもう一度目で見て拾っていくことで、展開した膨大なデータをなくすことなく思考していくことができるのです。

ちなみに、マインドマップというフォーマットは誰にでも身に付けることのできるスキルです。発想の仕方によっては、楽しみながら構成していく人もいるでしょう。子どもから大人まで、簡単かつストレスなくマインドマップを書くことができるのです。

マインドマップ・ツールはPC?紙?

いざマインドマップを書こうと思ったら、まずはツールを用意する必要があります。パソコンで作成しても問題はないのですが、自由な発想をそのまま書き込むことのできる”手書き”で作成することをお勧めします。マインドマップの書き方は『色とりどりの枝を伸ばしていく』イメージで作っていくので、自分の思考の仕方によって自由な書き方をしていくことができます。人によっては”お絵かき”のように作っていくことができる、というわけですね。

用意するもの① マインドマップを描く紙

基本的に”書けるもの”であれば何でも構いません。100円のノートでもいいですし、コピー用紙でも問題ありません。チラシの裏……はやめておきましょうか。モチベーションが上がりません。

強いて言うのであれば、「無地」で「横長(A4以上)」が望ましいでしょう。小さすぎるモノでは発想が広がりにくくなってしまうで、避けた方がいいです。

用意するもの② カラーペン(3色以上)

クロのみのモノクロで書くことをNGとは言いませんが、カラーで書く方が見やすく、情報をまとめやすいです。最低でも3色以上使うことをお勧めします。枝ごとに使用する色を変えるようにするとベストです。見た目にも書いていて楽しいですからね。

マインドマップの書き方のコツ

それでは、マインドマップの枝を広げていく際の書き方とコツを見ていきましょう。図を見てもらえばわかる通り、「コレ!」という書き方が決まっているわけではなく、自分のやりやすいように組み立てていけばいいのです。ここで紹介しているのはあくまでも基本的な一例です。

マインドマップの書き方の手順

まずは”セントラルイメージ”を作っていきましょう。セントラルイメージとは、マインドマップを書くための”核”となる課題そのものや主軸となっているものです。

絵でも図でもいいので、紙の真ん中から書き始めていきます。そこから枝分かれしていくように”ブランチ”を作っていきます。太く、大きく、色ペンを使いながら書いていき、セントラルイメージにつなげるようにします。そして次第に細くしていき、全体にまんべんなく広げていきましょう。無理やりでもいいので、関連する言葉、情報をたくさんくっつけていくようにしてください。

マインドマップの書き方のコツ

マインドマップは一枚書き上げたからといって満足してはいけません。気力の続く限り次々と作っていくようにしましょう。「もうこれ以上は書き出せないよ!」という限界を超えてアイデアを抽出していくことに意味があるのです。一枚だけのマッピングで、課題の答えが必ず出てくるということはそうはありません。慣れないうちは時間がかかってしまうかもしれませんが、何枚も作ってみることで本当の答えが導き出されるのです。

マインドマップで書いたイメージ図

実際にみんながどういうマップを書いているのか見てみましょう。書き方もアウトプットの仕方も人それぞれですので、あくまでアウトプットイメージとして参考にしてください。あなた独自のマインドマップの書き方があるはずです。

イマジネーション力UP!マインドマップの書き方とコツ まとめ

マインドマップの書き方をマスターしようと思ったら、どんどん次のマップを書いてみることです。書いていくうちに、自分流のマインドマップを書けるようになることです。ただ必要なことを書き連ねていくのではなく、少しふざけた”いたずら書き”をしてみたり、文字ではなく絵で表現してみたり。自分の頭の中を書き出すのですから、どんなマップを書くのかはあなたの自由です。ここで紹介したコツと図解を参考に、発想を広げてみましょう!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月25日ビジネス

Posted by BiZPARK