お通夜に時間の都合で遅刻する場合の対処法

冠婚葬祭

お通夜への遅刻はやむを得ない場合は問題なし

Buckle 210449 640

一般的に仕事、打ち合わせ、行事に対して遅刻は厳禁です。ですがお通夜に対しては、ある意味仕方のないことかもしれません。亡くなるのがいつになるのかという時間は誰だってわかりません。その時ちょうど大事な他ごとに参加している、少し遠い場所にいる、車が渋滞している、誰だってあることです。そういった時間の都合も通常はあることなので、お通夜に対しては遅刻をすることが絶対厳禁とは言えません。

遅刻してもお通夜に参列することに意味がある

お通夜とは、夜を通して亡くなった相手を偲ぶこと、になります。だから故人をさびしくさせない意味で、遅刻しても会う時間を持つことに、意味を持ちます。とはいえ、通夜に遅刻しても良い、と言うわけではなく、お坊さんが来てお経をあげる時間もありますので、決められた時間にきちんと参加できるなら、参加したほうが良いです。時間や約束を守る、きちんとした印象を持ってもらえます。

服装、香典などお通夜のマナーは守ろう

お通夜の遅刻は仕方ないことかもしれないですが、最低限のマナーは必要です。着替える時間があるなら服装、香典などを持ち合わせて参加したいところです。記載する文字は薄墨で記入、お札は折り曲げた跡がついているものを入れる、またお札の顔は袋の表側に対して裏側になるように入れるなど、守るべきマナーはたくさんあります。お通夜が始まる時間に遅刻してしまっても、マナー守れるようにしましょう。

お通夜に直接参列できない場合は弔電を送ることも

お通夜の連絡は、社内で社外でも、喪主・時間・場所などの連絡が最初に来ます。大幅な遅刻やどうしても参加できない場合は、弔電を送ることもOKです。自分から電話して手配することもできますが、会社で送りたい場合などは、あらかじめインターネットなどで会員になっておくと、ワンクリックで手配可能です。お通夜のときに遅刻しても参加できる場合は良いのですが、不在の時は弔電を送っても良いです。社内に弔電を送る部署もあるときがありますので、手配の際には確認しておきましょう。

あまりにも遅い時間はNG親族への気配りを

お通夜とは親族にとって、悲しい瞬間です。多少の遅刻ならOKですが、あまりに遅い時間になって、相手に迷惑をかけるようなことになるだけはやめておきましょう。親族は感情的になっていますから、これ以上の負担をかけてはいけません。時間がないのにお通夜に遅刻してまでも来てやった!な態度はもちろん厳禁で、心から個人を偲ぶ姿勢が大切で、思いやりは時に伝わります。

故人を悼む気持ちと時間の共有が大切

お通夜に参列することは相手のプライベートに触れることにもなります。同僚や取引先の上司の親族のお通夜の参列でも、会社関係で普段働いている一面とは違った一面を見ることになります。それは会社ではなく、人と人、心のつながりでもあります。長い会社生活では、そういったつながりや時間の共有が大切になって、実になっていくこともあります。人間関係とはとても大切です。

お通夜への遅刻は個人の時間都合もあるので許されるが心配りは怠らないように

お通夜には遅刻しても、参列する姿勢が大切です。会社関係の人が亡くなった時、心から故人を偲ぶことは、相手を思いやり心のつながりになって、新たな人間関係が構築されるきっかけになることになります。時間の都合で遅刻してしまうからお通夜を遠慮してしまうこともなく、大切なのは気持ちです。自分にその機会が与えられているのなら、遠慮することなく参列することも、今後の会社生活に影響を与えるかもしれません。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス