5分でスピーチを会社の上司に命じられた時にやり遂げる3つのコツ

スピーチ

5分スピーチのコツ①:自分をアピールするチャンスだと思う

Business man 358893 640

会社にはリーダーシップを発揮する人もいれば、地味な作業を正確にやり遂げるタイプの人もいます。しかしどんな適性の人であっても、上司から突然「5分やるからスピーチをするように」と命じられることもあるのです。スピーチが苦手でも自分をアピールするチャンスだと思ってコツを押さえましょう。

5分スピーチは物事を考えてまとめる自分の能力を伝えるためのチャンス

「ただでさえ話すことが苦手なのに5分のスピーチだなんて」と思っても、それは上司に対して、あなたが普段どの様に物事を考えてまとめることができるのかを伝える為に与えられた良いチャンスなのです。もしも部署の中で誰か5分スピーチをやりたい人と言われたら、積極的に手を上げる様にしましょう。そのスピーチが会議の場であっても、宴会の場であっても自分から引き受ける姿勢が大切です。

5分スピーチのコツ②:内容を自分の仕事に関するものにする

5分のスピーチでは、テーマが与えられない場合には自分の仕事に関わることがコツです。現在自分が担当している仕事で興味を持っていて、「これは是非他の人に伝えたい」と思うことがあったら是非スピーチにまとめるのがコツです。自分がしている仕事で、実は自分にしか分からないことや「あるある」などをテーマにするのもコツです。

スピーチは少し短い4分半を目安にするのもコツ

5分でスピーチというと、きっちり5分間分原稿を考える人もいます。しかしスピーチは原則として短めがコツ、話しているだけで4分半を目標に原稿を作成するのがコツです。話の流れは以下の通りです。

・何について述べるか(1分)・エピソードや展開(2分)・結論(1分)・まとめ・自分の意見(30秒)各文には事実の説明か自分の意見なのか、第三者から入手した情報なのかの区別をつけることがコツです。

5分スピーチのコツ③:メモを見ずに流れを頭にいれておく

スピーチを上手にしたいと思ったら、コツはメモをなるべく見ない様にすることです。たった5分のスピーチなのですから、全て内容を記憶する位の意気込みが欲しいところです。少なくとも話の流れを箇条書きにして頭にいれておけば、それを元に短い文章でスピーチにできるコツです。自分の頭の中で映画やドラマを見ているつもりでエピソードを思い浮かべながら話すのもコツです。

シンプルなスピーチの場合は身ぶり手ぶりもうまく内容を伝えるコツ

5分の短いスピーチですから、シンプルな内容をカバーする為に、身ぶり手ぶりも利用しましょう。あまり大袈裟ではなく、胸から下の範囲で手を動かすと余裕がある様に見えます。また、時折言葉に詰まってしまった場合でも、間を恐れない勇気も必要です。フレーズとの合間には必ず1~2秒間を入れる様にしておくと、次の言葉をド忘れしてしまった時でも慌てずに対応できます。

5分スピーチは自分をアピールする為に手振りをつけて短めに話すのがコツ

5分のスピーチの中で言い方を間違えても、誰にも正しいことは分かりません。コツは結論さえきちんと伝われば、原稿と違ってしまっても気にしないことです。そして5分スピーチで大切なコツは練習です。練習を何度かすることで、自分にとって言いにくい言葉が分かれば違う表現にすることもできます。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス