今年の抱負についてのスピーチを発表する時のコツ

スピーチ

スピーチ内容を考える前に昨年を振り返ろう

Man 748733 640

今年の抱負スピーチを発表する前に必ずやらなければいけない作業が昨年を振り返る事です。昨年の仕事ぶりを自己評価します。例えば下記の様なポイントです。

◆個人の営業成績は満足のいく結果を残せたのか

◆部内でチームワークを発揮して成果を残すことができたか

◆チャレンジ出来なかった事は無かったか

こういった事を振り返りながら今年の抱負スピーチを発表する事が大事です。

昨年の反省をすることが大切

何故このような作業をしなければいけないかと言うと、昨年の反省をすることは大切だからです。社員一同新年、気持ちを切り替えて今まで以上に良い一年にしようと決意しています。その様な状態の中、スピーチをする時に何も考えず的外れな抱負を語ってしまえば社員の士気やモチベーションを下げてしまうかもしれません。

今年の抱負についてのスピーチでは高い目標を発表しよう

抱負を発表する事は言わばコミットメントをする事と同じです。コミットメントをする時に過去最高の結果を発表しますし、発表した以上は結果を出さなければいけません。その為、低い目標を掲げるより敢えて高い目標を掲げる事です。例え、目標を達成できなかったとして目指した過程が人を大きく成長させます。

低い目標設定は周囲のモチベーション低下に繋がる

一番やってはならないのが低い目標を掲げて達成できない事です。それでは社員の士気が下がってしまいかねません。今年の抱負スピーチで今までにない高い目標を掲げる事により組織を一層活性化させます。こういった様に今年の抱負スピーチは一年の成果を左右してしまう可能性がある事を忘れてはなりません。責任感と覚悟を持って過去最高の年にするという気持ちで抱負を語りましょう。

今年の抱負についてのスピーチ内容は紙に書き出しておこう

今年の抱負スピーチを発表した後の行動が最も大事になります。スピーチが素晴らしい内容で社員のモチベーションが高まり目指すベクトルが明確になったとします。しかし当の本人が発表した抱負と伴わない行動をしてしまえば信用信頼を大きく損ねてしまいます。一度でもコミットメントすると目標を達成する為に行動しなければいけません。人の記憶は曖昧なものですぐに忘れてしまいます。そこで今年の抱負スピーチをした内容を紙に書いておくと良いかもしれません。

いつでも見返せるような場所に貼っておこう

その紙をデスクや手帳に貼っておくことで自らの抱負を忘れずに仕事に取り組めるでしょう。人は言葉と行動が伴わなければ大きくイメージが下がってしまいます。そうならない為にもチームと協力して目標達成に向けて行動する事が大事です。

今年の抱負についてのスピーチを発表する時のコツは昨年の反省と高い目標を掲げる事

ここまで、今年の抱負についてのスピーチを発表する時のコツを紹介してきました。何処の企業や団体でも今年の抱負スピーチを発表する人は居ます。今年一年の始まりを代表者や役職者、また平社員が発表するにせよ抱負には魂を込めて発表しましょう。過去には無い取り組みや成果を出すために、皆の士気を高める抱負を考えコミットメントしてこそ、素晴らしい今年の抱負についてのスピーチを作ることができます。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス