1分間スピーチの最適な文字数と本番で失敗しないコツ

スピーチ

1分間のスピーチで情報を伝えるためには?

Microphone 933057 640

時間制限は人を焦らせます。慣れないスピーチであればなおさらです。

焦って口調が早くなったり、話す内容があやふやになったりしては、何も伝わらないスピーチになってしまいます。時間制限がある時には、聞き手に過不足なく分かりやすく情報を伝えるためには、どのような対策があるでしょう?

文字数を考えてスピーチすれば成功確率アップ

1分間のスピーチともなると、資料作成の段階で文字数に気をつけておくべきです。

少しの間だからとこれぐらい話ができるだろうと思っていても、予想より話の進行が遅れて後半は駆け足で話をする、というパターンになり兼ねませんし、言いたい内容が伝わらないなんて可能性も十分にあり得ます。

スピーチ内容は伝えたい事を1点に絞る

1分間のスピーチでは、内容の焦点を限界まで小さく絞って話しましょう。

短い時間でのスピーチでは、内容を盛り込みすぎると伝わりにくくなるので、1点に絞って話すのがベスト。トークの終わりには重要な部分を1度か2度、簡単にまとめて言い直すと記憶に残りやすくなるのでオススメです。

無駄な口癖は練習を重ねて直しておくのがコツ

1分間のスピーチにおいては、余計な口癖が時間を削ってしまいますので直しておきましょう。

例えば「エー」を言うと1秒は失います。100回言うと600文字、原稿用紙1.5枚分の情報伝達量を失います。「アー、エー」は癖だと思いますので、練習を重ねて直しておきましょう。

1分間スピーチは何文字以内にすべき?

Dog 734689 960 720

スピーチ時間が1分というのは短い時間に思えますが、ただ何となく1分間スピーチするのと、目的を持って1分間スピーチするのとでは、成果が大きく異なります。文字数が多くても少なくても、対策としても時間は意識しておきましょう。

1分間のスピーチで話すのに適切な文字数は300文字!

1分間のスピーチで話すのに適切な文字数は300文字です。なぜなら、人が1分間に話す適切な文字数は、およそ300文字と言われているからです。

プロであるアナウンサーであっても、1分間に話す文字数は350文字程度と言われており、300文字は1分間のスピーチの文字数が適切な文字数なのです。

1分間スピーチの適切な文字数は300文字!伝えたい事は1つに絞ろう

1分間スピーチの適切な「文字数」と、失敗しないコツや対策について説明しました。

時間が1分間なら、スピーチするのに適切な文字数は300文字。意外と余裕があって驚いた人もいると思います。しかし、緊張するとついつい早口になってしまい、時間があまることも。本番で失敗しないように、スピーチのコツを確認して、体がリズムを覚えるまで練習するのが1番有効な対策です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年9月15日ビジネス