上司を陥れる方法~仕事をするうえでのオススメ~

2017年1月16日上司

上司を陥れる方法①:やるべき仕事を押し付ける

A0002 011005

タチの悪い上司を陥れる方法として、上司がやるべき仕事をすべて上司に押し付けるというオススメの方法があります。上司に何を言われても一切それは手伝ったりせずに、ひたすらに無視して上司に仕事をしてもらうことがオススメです。仕事ができない人が多いですから、そうすればパンクしてしまい、上司を陥れる方法に繋がります。

上司を陥れる方法としては誰の手も借りない為オススメ

もともと上司がやるべき仕事なのですから、上司に押し付けたところで別段問題がないためオススメです。あるとすれば仕事を今まで一切やってこなかった上司自身の問題ということになります。誰の手も借りずに自分たちだけで上司を陥れることができるので、上司を陥れる方法として、仕事を任す方法は意外とオススメです。

上司を陥れる方法②:証拠をもって上司の上司に告げ口する

上司を陥れる方法のオススメとして、仕事で何もしない上司だったり、仕事上言葉の暴力がひどい上司だったりした場合は、その証拠を押さえておきましょう。仕事上責められる自由があるならば、上司を陥れる方法として、上司の上司に相談するという方法は仕事上とてもオススメです。上司を陥れる方法として仕事をするうえでも十分な効果が期待できるためオススメです。

上司を陥れる方法としては会社からの処分となり有効

証拠がないことには上の上なんてまず動いてくれませんが、きちんとした証拠があるのであれば話は別です。その証拠を見ればいかに下がひどい現状になっているかが分かるようになり、会社とした対処してくれるはずです。そうして上司を陥れることとなるのです。証拠集めにある程度時間がかかったり、処分が決定するまでに時間がかかったり、処分の結果が予想より甘いものとなる可能性もありますが、それでもこの方法も上司を陥れる方法としてオススメできる方法です。

上司を陥れる方法③:パワハラで訴えるようにする

上司を陥れる方法として、パワハラで訴えるという方法もあります。たとえば上司が仕事を押し付けてきたり、言葉の暴力を放ってきたりしたら、精神科などへ行き、鬱の診断書をもらいます。あとは上記の上司の上司への相談と同じように証拠を録音したりして、二つの武器をもち、それらを手に訴えを起こすのです。パワハラに非常にうるさくなっている昨今ですから、パワハラで訴えられるような上司については間違いなくなんらかの処分が下り、陥れることが可能になるでしょう。

上司を陥れる方法としてしっかりした証明書が必要

このパワハラで上司を陥れる方法を採用する場合、しっかり診断書などの証明書がないと弱いので、その点は特に注意してください。精神的なものなら、肉体的な診断書に比べてはるかに出してもらいやすいので、やはり精神的な診断書が適切でしょう。それらを仕入れて弁護士に相談してみてください。

仕事をする上での上司を陥れる方法のオススメは①仕事を任せる②上司の上司に相談③パワハラで訴える

以上より、仕事をする上での上司を陥れる方法のオススメについてのご紹介でした。これらの方法は、最悪の場合こちらの立場が悪くなるだけになる可能性もありますので、もしこれらの方法で上司と陥れようと思ったら、最悪そうして立場が悪くなることも覚悟して行動を起こすようにしてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年1月16日ビジネス

Posted by BiZPARK