「了解です」を上司への返信に使うのがNGの理由

上司, 返信

上司に「了解」という返信はマナー違反

Telephone 586266 1280

上司に対して「了解」はマナー違反です。

ついつい使ってしまいそうな言葉ですが、これが何故に上司に対しての返信ではマナー違反になるのか、その件についての考えを述べていきます。

「了解」には尊敬が含まれていない

了解とは決裁権のあるものが納得することです。

つまり、決裁権のある上司が発する文言のため、尊敬の意味が含まれていません。目上の人が目下に使う言葉なので、上司に対して「了解」は使っていけない言葉になります。

上司に対しては「了解」ではなく「承知」

了解は尊敬の意味が含まれていなく、上司の返信には使えません。

「了解いたしました」という表現も間違いです。ではどういう言葉を使えばいいのでしょうか。この場合の正解は「承知しました」「承知いたしました」です。

上司の返信に使うべき言葉は?

「了解です」という言葉は上司に対して、NGというのはおわかりになりましたでしょうか?

ついつい使ってしまうがちな「了解です」について、いろいろな人の意見はどうなのでしょうか?相談サイトでの回答からそれらを見てみましょう。本当に使うべき言葉とは何なのでしょうか!?

「了解」は上司との関係次第

親しく付き合わせてもらっている上司に対してのみ、返信は「了解」を使っても問題はないかもしれません。

上司との関係次第では自然と使っても許されるかもしれませんが、周りに外部の人がいないか確認が必要です。

返信は「かしこまりました」が無難

了解の代わりになる言葉は「かしこまりました」が無難な感じがします。

「了解」は目下に対して言う言葉というのは理解したと思いますが、「かしこまりました」と言う言葉が敬語も含まれているため、上司に対しての返信としてはふさわしいです。

その他の上司への返信NGワード

ビジネスにおいてもう常識となっている上司への返信NGワードがまだあります。

「了解です。」も含めて紹介していきますので、知らない間に使っている人は明日から改めましょう。知らない間に上司を怒らせている人がいるかもしれませんよ。

Seagull 249638 1280

上司への返信NGワード:「ご苦労様」

「ご苦労様」は言いやすい言葉ですが、上司に対して使ってはいけない言葉です。ご苦労様は目上の人が目下に使うねぎらいの言葉であり、部下が上司に使うのは失礼にあたります。

上司への返信NGワード:「なるほど」

これも何気なく使ってしまうかもしれませんが、「なるほど」は「上から下を判断する」という意味が込められているため、上司の返信に使ってはいけません。

「なるほど、わかりました。了解です」なんて上司に返信したら、もう恐ろしいですよね。

上司への返信は「了解」ではなく「かしこまりました」

ついつい「了解です。」はビジネスシーンで使ってしまうフレーズですが、これを気に上司への返信に対しては控えましょう。

今回はこの「了解です。」に焦点をあわせて記事をまとめてみましたが、上司への返信マナーはまだまだあるのです。

一流のビジネスパーソンであれば、それらを正しく使えるのが望ましいですね。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス