喪中期間の忘年会・新年会への参加の判断方法

喪中, 飲み会

喪中は会社の飲み会には参加しない方が良い

Ryukyu glass 738800 640

身内が無くなったり近い親戚が亡くなったりした場合、その人は喪中期間ということになります。基本的に喪中の期間は1年といわれておりその期間中には派手な宴会などへの参加は控えたほうが良い、喪に服す期間だと言われているため、それが会社の飲み会だったとしても参加はしないほうが良いといえます。

やむを得ない場合は1人で判断しない

しかしやむ負えない理由でどうしても参加しなければいけなくなったり、会社の仕事の延長で接待として飲み会が行なわれる場合、どのように対処して飲み会を回避すればよいのでしょうか。特に接待がらみの飲み会の場合、これは会社との話し合いも必要となるため出来るだけ1人で判断しないようにしたほうが良いでしょう。

喪中の人への誘いは周囲が配慮する必要がある

喪中期間中に社内の飲み会や忘年会、新年会などに誘われた場合、どのようにして断りをすればよいのでしょうか。喪中になってまだ日が浅い場合、喪中期間中の人はまだ精神的なダメージから抜け出せていない場合が多いため、本来であれば周りがそれを察して飲み会への誘いはするが欠席扱いにしておくといった配慮をする必要があります。

喪中で飲み会に参加した場合は非常識と思われるので控えること

中には喪中なのに参加をするといってくる人もいるかもしれませんが、まだ日が浅い間は喪中なのに飲み会に参加している非常識な人という印象を周りにも与えかねませんので、飲み会への参加は低調にお断りをするようにしましょう。もちろん喪中だという理由も付け加える必要があるでしょう。

接待を兼ねた飲み会の場合は上司の判断を仰ぐ

喪中の間に会社の接待も兼ねた飲み会が行なわれる場合もあります。その場合、社内の飲み会とは違い、他社の社員や役員、社長などを接待するという重要な飲み会となりますので、喪中期間中だとしてもなかなか不参加にはできない事情も出てきます。こんな時には会社の上司と相談して欠席するかどうかを話し合いをする必要があるでしょう。

喪中なら欠席をするか接待先への配慮が必要

喪中だと会社の上司も分かっている場合、接待に代役を立てることも可能でしょうし、理由を説明して欠席させることも可能となります。ただどうしても欠席できない場合には、とりあえず参加をし途中で退席するといった相手先の会社への配慮も必要となる場合もあります。

喪中の飲み会の参加は控えやむを得ない場合は上司に相談すること

喪中は1年間と非常に長いため、その間の飲み会を全て断るのは非常に難しいといえます。特に前半の半年間は喪中になって日が浅いということもありますし、家の整理などやることも多いはずですから飲み会への参加は理由を言って不参加にするほうが良いでしょう。しかしもうすぐ1年といった場合には、自分の考え方もあるとは思いますが社内の社員とのコミュニケーションを円滑にする意味もありますから飲み会に参加することは間違いではないのではないでしょうか。もちろん自分が参加したくないのに無理に参加しても仕方がないので、参加できる状態でもうすぐ1年という場合には、気分転換もかねて参加をしてみてはどうでしょうか。もちろんはめを外しすぎないことが絶対条件となります。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2019年8月7日転職