飲み会は何日前に予約すべきか悩む人へのアドバイス

予約, 飲み会

飲み会の予約は2週間から3週間前に抑えるのが基本

Beer 375974 640

飲み会の予約は何日前にするべきかと考えた時、基本的に2週間から週間程度前に抑えるのが適切だという答えになります。早い分にはそれ以上早くても問題ありませんが、それだとやはり人数の想定も難しいですよね。しかし、2~3週間前であれば人数もある程度はわかってくるはずです。

2週間を切ってからだと予約ができない可能性が出てくる

それ以上直近になるとそのお店を予約できない可能性も出てきますよね。だいたいのお店で2~3週間前に予約しようとすれば問題ありません。だから、何日前までに予約すべきか考えた時には、2~3週間前という答えになるのです。お店の予約や、参加人数の兼ね合いから考えて、飲み会の予約はここがベストのタイミングだと言えるでしょう。

飲み会の1週間前には最終人数を連絡

そうして2~3週間前に予約をしたら、1週間前には飲み会に参加する最終的な参加人数を連絡するというのがマナーです。早めに予約を受けたら、お店側としては本当に当日きてくれるかどうか、人数に変動はないかどうかと不安になるものです。

1週間前には人数を確定させて本予約にする

飲み会を何日前に予約すべきかと考えたら2~3週間前がベストなのですが、それはあくまでも仮予約のような形なのです。何日前に予約すべきかということだけにとらわれず、最終的な連絡を必ず一週間前には連絡するようにしてください。

大人数でなければ1週間以内の予約でも問題ない

ただし、ここまでに紹介してきた、飲み会の予約は何日前にするべきかということについての基本は、あくまでもその会社の飲み会が大人数で行われる場合の話です。もし会社の飲み会が5人6人程度の規模の小さい飲み会であれば、1週間も前に連絡すればまったく問題ないでしょう。人気店ではそれでも厳しいかもしれませんが、よほどの人気店でない限りだいたいのところは1週間から3~4日前の予約で大丈夫です。

何日前までに連絡すべきかは飲み会の規模にあわせて考える

何日前に連絡すべきかという基本に引っ張られ過ぎると、何度も連絡しなければいけなくなり、めんどくさいですし逆に迷惑にもなるでしょう。最終的に何日前に予約をするかはその飲み会の規模とも照らし合わせて考えるようにすると良いですね。

飲み会の予約を何日前にするかは2~3週間前を基本に規模に合わせて対応する

以上、飲み会は何日前に予約するべきかという飲み会の予約の基本のご紹介でした。何日前に予約すべきかといったことは、飲み会の予約の基本は社会人としては当たり前に身に着けておかなければならない常識だと言えます。これから先も飲み会や接待などでお店を予約する機会が多くなってくるでしょうから、しっかりこの機会に飲み会の予約を何日前に行うか覚えておくと良いでしょう。そしてそうした基本をしっかり守り、お店にもまわりのメンバーにも迷惑をかけないようなスマートな予約ができるようにしていきましょう。もしうまくできないと、こんな小さなところから評価を落としていってしまう可能性もありますから。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス