欠勤理由の連絡を会社へする時にオススメの言い訳

欠勤

会社の欠勤時の言い訳①病気による体調不良

Cat 114629 1280

最初に思いつくのが「体調が悪い」事を理由にした言い訳でしょう。体調が悪ければ会社側も「無理に出て来い」とは言えませんから一番手っ取り早い欠勤の言い訳になります。しかしこれには気をつけなければいけない事があります。風邪をこじらせたといって電話口で無理やり咳き込んだり、くしゃみをしてみようとしたりと余計な演技は禁物です。予期せぬ質問をされ、しどろもどろになっていると、巣に戻って演技している事を忘れたり、電話しながら頭をぶつけたり虫が飛んできたりして悲鳴をあげてしまったりと、リスクも伴うのです。

重病すぎるものではなく曖昧にごまかせるものがいい

また重病すぎるのもよくありません。「インフルエンザ」「盲腸」レベルになると場合によっては診断書や治癒証明書を提出する会社があるので、取り返しの付かない事になります。更に女性は人によって辛さがまちまちな「生理痛」も利用しやすい言い訳ですが、周期を考えないで使ってしまうと後で泣きを見る事になります。

はっきりした理由がわからず曖昧にごまかせるものとしては「頭痛」「下痢」程度のものがよいでしょう。

会社の欠勤時の言い訳②身内の不幸

Bed 389765 1280

こちらも欠勤時の言い訳としてよくあげられるものではないでしょうか。しかしこれの場合は急な事なので仕方がないと誰もが反論できないので「身内の不幸」もよく使われる欠勤の言い訳です。しかも危篤、お通夜、告別式と順を追っていけば、一連の流れで欠勤が認められてしまう、ある意味オイシイ言い訳ですが、ここでも気をつけなければいけない事が多々あります。

実際に存命されている人は避けるべき

まず、実際に存命されている人を亡くならせてしまうのは避けるべきでしょう。とくに同居していたり近くにいる身内では会社に連絡が来たり上司や同僚とぱったり街中で会うことも考えられますし、忘れた頃に本当に事故などに遭い立ち会わなければならないかもしれません。では実在しない人ならばいいのか?という事ですが、この場合は会社によっては喪主や葬儀会場に電報を打つために色々聞かれる場合がありますし、火葬場ではカレンダーで友引だと休業する所も多いです。でまかせで言ってしまうとあとで嘘が簡単にばれてしまいます。

実際に使う場合はシミュレーションなどで覚悟して

実際に使う場合は会社で弔電を必要としていない確認をし、カレンダーを見てしっかりシュミレーションして覚悟をしておきましょう。「あれ?こないだ亡くならなかったっけ?」となっては身も蓋もありませんし、安易なお葬式言い訳は不謹慎で自分に後悔することにもなるでしょう。同居している身内がいる場合は「祖母の通院で付き添わなければならなくなったので」小さい子供がいる場合は「急に熱が出てしまって」くらいが言い訳としては望ましいでしょう。

会社の欠勤時の言い訳③住宅トラブル

Cat 98359 1280

自分はどこも悪くなく元気だし、付き添える家族もいない。そんな場合は住宅にまつわる言い訳で欠勤しましょう。「鍵が見つからないので外出できません」というのはオートロックも管理人も常駐していないし、大家さんも遠くにいる場合に使える言い訳です。また車通勤じゃないと不可能な人であれば「車のキーが見つからない」も一時的な欠勤の言い訳にできるでしょう。

状況や解決した時の様子などは聞かれる覚悟を

その他としては「上の階から水漏れを起こして修理が入る」というのも言い訳になります。しかしどれにも共通することですが、状況や解決したときの様子などを聞かれる覚悟はしておきましょう。また「泥棒が入った」「事件が起きた」といった警察が関与する事は大事になり法律にも引っかかりかねないので安易に使うべきではありません。

欠勤理由の連絡を会社へする時の言い訳は病気・身内の不幸・住宅トラブル

欠勤理由の連絡を会社へする時の言い訳は病院に病気を見てもらいに行く・身内の不幸・住宅トラブルなどです。忙しい毎日の中で会社を欠勤することも仕方ないでしょう。しかし欠勤した場合に忘れてはいけないことがあります。それは「最期まで責任を持つこと」「周囲に感謝をすること」です。休むだけ休んだら気が緩んでしまいがちですが出勤して言い訳に対して何を聞かれても矛盾しないように、最期まで気を抜かないことです。また休んでる間にも会社は機能していますし上司や同僚はその分をフォローしてくれている事も忘れないようにしましょう。 

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月25日転職