プライベートオファーで採用されるには?オファーがくるレジュメの特徴

レジュメ

リクナビNEXTの「プライベートオファー」は個人向けのスカウトメール

Office 730681 640

プライベートオファーは、リクナビNEXTでのみ採用されている方法で、スカウトメールと同じ役割を持っています。本来は多くの方にスカウトメールを送る場合が多いのですが、この方法なら個人にだけオファーを出せるのです。

プライベートでオファーを出している会社は、それなりに優れている可能性もあります。超優良企業への転職も、成功するかもしれませんよ。

多くのプライベートオファーを受けるには充実した内容のレジュメを作成する

プライベートオファーは沢山受ければ、それだけ採用が期待できますし、多くの会社から採用して貰える可能性もあります。出来る限り多くのオファーを受けるのが大切であり、なるべくプライベートオファーを多めに受けられるようにしてください。転職成功には、プライベートオファーの数が鍵を握ります。

そのためには、自分がどのような職種を狙っているのかわかるようなレジュメを作成しましょう。

プライベートオファーにはレジュメが最重要!手を抜いて作成してはいけない

プライベートオファーを得るためには、やはりレジュメが一番重要になります。レジュメは履歴書と職務経歴書を合わせたような書類であり、インターネット上で閲覧可能のタイプとなります。

このレジュメはリクナビNEXTにおいて非常に重要なものとなりますし、この内容を元にある程度の判断がされます。転職を成功させたいなら、レジュメだけは手を抜いてはいけません。

希望職種に関するスキルを持っているとアピールするのがポイント

レジュメを上手く活かしていくと、特定のプライベートオファーがきます。自分が希望している業種に対して、これだけの強みを持っているとアピールできれば、プライベートオファーを呼び込めます。

出来る限り今までの仕事を生かせるような業種を狙うこと、スキルや資格を多めに取っておくことが重要となります。

プライベートオファーが採用に繋がらないケースもある

プライベートオファーを受けたとしても、転職が成功せず、失敗をする可能性は当然のようにあります。オファーを貰っているにもかかわらず、企業側が採用に対してあまり理解を持っていないケースがあるのです。

自分のレジュメを見て判断してくれるのはいいですが、それがプライベートオファーに繋がっても、採用されない場合もあります。

Businessman 449927 640

プライベートオファーから採用を目指すためには企業研究を怠らない

プライベートオファーから採用を目指すことが重要となるため、出来る限りレジュメ以外の部分もしっかり対策を行ってください。面接対策は当然のようにしなければなりませんし、プライベートオファーを受けた企業の情報収集は念入りに。

何も知らないまま「プライベートオファーなら採用できる」という認識ではいけません。成功するためには、プライベートオファーの後が重要になります。

プライベートオファーから採用されるにはスキルを宣伝するレジュメ作成・企業研究が重要

プライベートオファーで採用されるには?オファーがくるレジュメの特徴と題して、プライベートオファーとレジュメの関係について説明しました。

プライベートオファーを受け取った場合、自分がその企業から転職のチャンスを貰っていると考えましょう。企業の情報収集を行うと同時に、企業側が優れた実績を残してくれそうな人材であるとアピールしてください。

プライベートオファーにはレジュメが重要不可欠で、しっかり作られていないとオファーを貰えません。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職