忘年会の景品が会社経費で落とすコツ

経費, 飲み会

忘年会は社員全員参加でないと経費ではなく交際費扱いとなる

Glasses 272399 960 720

まず覚えておかなければならないのは、全員参加の忘年会でなければ、福利厚生費、つまり経費ではなく、交際費として扱われるようになるということです。すなわち、節税に繋がらなくなってしまいます。

景品を選ぶ前に、まずは忘年会の出席について考えてみるといいでしょう。全員参加でなければ、景品は何を選んでもさほど問題はないでしょう。

忘年会は1次会のみ福利厚生費扱いとなり経費で落ちる

また、さらに言えば、1次会での景品のみ福利厚生費扱いとなるため、2次会などで景品が発生する場合、2次会費用も含めて、経費では落ちなくなるので、注意が必要です。なので忘年会の景品の選び方と同様に、このことにも気を遣って、景品を選ぶ必要があります。

忘年会の景品は、金額が高いと経費で落ちない!

肝心の忘年会の景品の選び方ですが、まず、一般常識的な範囲内での景品のみが福利厚生費にあたるとされて、いわゆる経費でおちるようになります。

しかし、ちょっと高額な商品であったり、総額がすごくたかくなるようであれば、経費ではなく、交際費とされてしまうので、あまり高いものを選ばないようにするのが正しい選び方と言えるでしょう。

忘年会の景品は1・2万円くらいまでにしておくと良い

忘年会の景品の具体的な値段としましては、1・2万円くらいにしておくと良いでしょう。

それ以上では、一般的にみて、高額の景品とみなされる可能性が高くなります。したがって、1~2万円程度の商品を選ぶようにしてください。会社によっては10万クラスのアイテムを景品に選ぶところも多い昨今ですが、経費として、落として節税できないので、決して利口とは言えない景品の選び方でしょう。

忘年会の景品で現金を渡すと経費にならない!

また、もう一つ忘年会の景品選びで注意しなければならないのが、現金を景品にしないようにするということです。

現金は景品ではなく、給与として扱われてしまいます。経費で忘年会の景品を落とすどころか、余計な税がかかるだけですので、忘年会の景品として、現金を用意するのは決して良いことではありません。

Banknote 15628 640

忘年会の景品に商品券を贈るのはセーフ

どうしてもそうした景品を忘年会で用意したいと思ったら、商品券などの、ほぼ現金として使えるような景品を選ぶようにすると良いでしょう。直接の現金でなければ給与扱いになることはありませんから、商品券の類ならば、景品として送っても経費で落ちるようになります。

忘年会の景品を経費で落とすには2万円くらいまでの景品を選ぼう

経費として落とせる、忘年会での景品選びのコツとして言えることは、とにかく現金以外のもので、あくまでも「景品」として常識の範囲内で考えられるものにすればよいということです。

無理しない限り、そうそうこれらの条件から外れることはないと思うので、忘年会の景品を経費で落としたければ、あまり無理しないで選ぶようにすれば概ね問題ないでしょう。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職