離職票は会社から郵送されるのが常識なのか

郵送, 離職票

離職票は会社が郵送する手筈が一般的である

Pp shikakuipost thumb 815xauto 12753

離職票と言うものは会社を辞めるから送られて来るものであり、わざわざ会社に出向く必要がない様に退職者に対しての当然の構えとなっています。もちろん、給与担当者などに自分から依頼をしておく事で簡単に郵送してくれるので一般的と考えていい感じです。

離職票とは社会保険事務所などから送られて来るもの

離職票に関しては郵送を依頼しなくても当然に送られて来るものであると同時に社会保険事務所などから送られて来るものなので、安心して受け取る事も可能です。普通郵便では駄目ですが、着払い宅急便などでも大丈夫な様になっているので、会社に出向きたくない人のためを考えたものと捉えておく事が大切です。

会社によっては離職票が郵送されない場合もある

離職票の郵送は会社によりけりなので、当然の心構えとは言ってもあくまで一般論の話しです。そのため、給与担当者などにしっかりと自分の会社がどの様になっているのかを聞いておく必要があります。

離職票は何度でも発行可能で会社から受け取ることも可能

もちろん、離職票は何度でも発行可能となっている事は決まっているので、郵送したと相手が答えたとしても再度発行を願い出る事も可能です。もしも、届いていない場合であったとしても、会社に連絡する事で受け取る事が認められています。会社によっては1ヵ月後などの場合もありますが、退職する時に聞いておく事が一番大切となっています。

離職票は再就職に必要なものと認識する

離職票を郵送しないパターンの場合に、受け取りに来ない方が悪いと判断している場合もあります。郵送を願い出ないといつまで待っても届かずに再就職に問題が生じる可能性も捨て切れません。そのため、離職票の提出が求められている場合には自分から必ず確認を取る事が大事です。

会社が離職票を希望者のみ発行という形は法的に問題ない

そして、基本的に希望者のみに発行と言う形をとっていたとしても法的には問題にはならない事も覚えておきたいところです。又、郵送は行っていないと言われていても郵送をお願いする事で郵送出来る様になっています。会社に行く時間がないなどの理由の場合には送って貰うのも一つの手です。

離職票は基本的に会社が郵送する扱いになっており何度でも発行可能である

離職票は郵送が大丈夫な扱いになっており、届く時期は会社によって変わっています。会社に出向くのが駄目な人に対しての当然の事となっているので、届かない場合も含めて、退職時に離職票の郵送依頼をしておくと安心です。又、希望者のみに発行と言う形でもあり、受け取りに来ない方が悪いと言う会社も存在しますが、何度でも発行可能と言う事を踏まえて、送付する様に言う事も大切です。最後に労務士は本人に渡して下さいとしか言わないので、手渡しで渡さないと駄目などの事はありません。会社に行く時間がない人などは自分からメールなどを送って届けて貰う様にすると効率も良くなります。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年12月1日転職