名刺交換のマナーで名刺をテーブルの上に置く意味

名刺

訪問先で名刺交換を行う際のマナー

Mkj ryoutedemeishiwowatasu thumb 1000xauto 13656

名刺交換のマナーについては、細かいものを含めると沢山ありますが、ここでは基本的に抑えておけば良いものを中心にご紹介します。

上司、先輩から順番に名刺交換をする

上司や先輩などが同席している場合には、まずは役職の高い人同士で名刺交換をします。 同席する順番がバラバラの場合には、先に名刺交換しても良いですが、後から来た際には「先にお名刺交換させて頂いております」と一言添えるようにしましょう。

相手側の位置で名刺を差し出す

こちらも基本的なことですが、相手から見て正面になるように名刺を渡しましょう。 また、自分の名刺を名刺入れの上にのせて渡すと、よりスマートです。

相手より低い位置で名刺を差し出す

名刺を差し出すときは、相手の名刺より低い位置にしましょう。相手もこのマナーを知っていると、さらに低い位置で差し出してくることがありますが、特に相手が目上の場合は最後まで粘ることです。決して悪い印象にはならないと思います。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年7月4日ビジネス