出世や昇進に興味がない人の働き方とは

出世, 昇進

出世や昇進に興味がない人はプレーヤーであろうとする

Photo 00473

出世や昇進に興味がない人は、マネジメントには興味がなく、自分自身が現場に出て、顧客や社内関係者と折衝しながら仕事をすることにやりがいを感じます。それがプレーヤーに向いている人といえるでしょう。出世や昇進に興味ない人は、管理するマネージャーとしてよりも、現場にこだわるプレーヤーとして生きようとする人なのです。

出世や昇進を喜びとする人の特徴

出世や昇進に興味がない人は、「マネージャーよりプレーヤーであろうとする」傾向が強く見られますが、部長や課長といった管理職は、担当部門の目標達成に向けて、人材や情報、資金、物資などを管理し活かしていかなければなりません。その担当部門が大きくなるほど、管理の規模や範囲が広がります。そこに喜びを覚える人は、マネージャーに向いている人です。

出世や昇進に興味がない人は興味や関心で動く

よくある働き方として、営業や人事、経理、研究開発など、ジョブローテーションで一通り業務をこなし、そこから係長、課長、部長と出世していくパターンがあります。多くの人は、こうした昇進の仕方に生きがいを感じるでしょう。

一方でそれに対し出世や昇進に興味がない人は、現場や仕事に自分の興味・関心を追求することに喜びを感じる人もいます。

自分の興味や関心を追求する

出世や昇進に興味がない人は、とにかく「自分が興味・関心のあることを追求」しようとします。

例えば、新しい食品を開発し続け、多くの人を驚かせ、喜んでもらうことにやりがいを覚えるような人です。そうした人は、管理職として出世するよりも、専門職として居続ける方をむしろ望むでしょうし、幅広く経験して上に行くより、狭く深く追求する方が合っていると言えるでしょう。

出世や昇進に興味がない人は達成感が大事

出世や昇進を望む人は、営業部長、経営企画室長、常務取締役といった肩書がつくことを嬉しく思うでしょう。またその肩書が上の位になればなるほど、その重みを感じてやりがいも出て来るはずです。一方でそうした肩書には興味がなく出世や昇進に興味がない人は、「肩書よりも成果を重視する」という特徴が見受けられます。自分が成果を挙げることに専心する人もいます。

自分の仕事にこだわりを持っている

例えば、営業部門で係長、課長、出世や昇進に興味がない人は部長と昇進するよりも、担当者のままでもいいので、新規顧客を多く獲得する、高額の案件をまとめ上げるというように、自分の才能と努力によって達成することに喜びを感じる人です。

出世や昇進に興味がない人は、名刺に書かれた肩書よりも、自分の力で成し遂げた達成感にこだわりを持つのです。

出世や昇進に興味がない人は自分の道を貫く

多くの人が出世や昇進にこだわる一方で、それに興味がない人は、プレーヤーであろうとし肩書きよりも、自分の興味・関心を追求しつつ、自分の才能と努力で仕事を成し遂げることに喜びを感じます。会社もその人のそうした適性を見抜いて活かせれば、本人にとっても会社にとっても利益となるでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2019年8月7日転職