転職活動中に受けるweb適性検査の対策

適性検査

転職の際に受けるWeb適性検査の対策としてまずは種類を把握

Business 582912 640

転職活動中にWeb適性検査を受ける場合は、まず志望企業が採用しているWeb適性検査の種類を把握しておきましょう。

能力適性と性格適性の両方を見られる場合もあれば、性格適性しか見られない場合もあります。中途採用者には、入社後の即戦力になることが求められているので、ある程度の能力が備わっていることを前提として、性格適性のみを見られるパターンも多いです。

Web適性検査は出題範囲の対策をすべき

転職でのWeb適性検査において、どの適性検査を受けるのかを把握したら、出題範囲の対策をしましょう。

複数の企業を受ける場合においては、あらゆる適性検査に合わせて広い出題範囲をカバーしなければならなくなります。働きながらWeb適性検査の対策をすることになるので、転職を考える2ヶ月程度前から対策を進めておくのが大切です。

性格面のWeb適性検査は直感で回答しよう

Web適性検査の中でも、性格適性検査に関しては直感で回答しましょう。性格適性検査では、転職先の企業の業務や方針、社風などの適性を見られます。

企業から良い評価をしてもらおうとして、嘘の回答をしてしまっては意味がありません。入社してから後悔することになるので、自分のためにも直感で回答しましょう。

Web適性検査で求められる人物像は何かを知っておこう

Web適性検査によって、求められる人物像は企業によって異なります。求められる人物像によって、Web適性検査の結果の中で重点を置かれる部分は異なるのです

中途採用者には即戦力が求められているので、社会人として必要な行動力や積極性、組織適応性は必須と言えます。中途採用の場合はそれらに加えて、企業によっては高い英語力や非言語の結果が表す「解析力」も求められるでしょう。中途採用、新卒など、自身の立ち位置から見て企業に何を求められているのかを知っておきましょう。

転職活動で受けるWeb適性検査は制限時間の対策が鍵

転職活動でWeb適性検査を受ける場合、制限時間対策は必須と言えます。能力適性検査も性格適性検査も、どちらの場合においても短い制限時間の中で回答することになるからです。

難易度が低い種類のWeb適性検査は、それだけ短い制限時間となっているので気を抜かずにしっかりと対策しておきましょう。

Manuscript 203465 640

時間制限に焦らず頭の切り替えを行おう

中途採用など、転職活動で受けるWEB適性検査は種類によって難易度も異なりますが、実際にWEB適性検査を開始するまで種類が判明しない場合もあります。

WEB適性検査を開始して、対策をしてきた出題範囲ではなかったとしても、焦らずに解いていきましょう。制限時間が短いので、解けないと判断した場合には、その問題を飛ばして次の問題に取り掛かってください。その時、気持ちの切り替えができるかどうかで得点が変わります。

転職でのWeb適性検査対策は種類や出題範囲を理解!求める人物像なども把握する

Web適性検査を、転職活動において受ける際の対策について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

Web適性検査は、基本的に新卒で入社する際や中途採用の場合に行われますが、倍率が低い企業であれば行われないケースもあります。また、Web適性検査の種類によって出題範囲も難易度も制限時間も異なります。志望企業が採用している、Web適性検査は全て対策をしておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職